舞台「弱虫ペダル」新キャスト迎え、新作「箱根学園篇」を東京、大阪で上演 | アニメ!アニメ!

舞台「弱虫ペダル」新キャスト迎え、新作「箱根学園篇」を東京、大阪で上演

ニュース アニメ

原作コミックの累計発行部数は1,500万部を突破! アニメ化、舞台化に続き、連続ドラマ化も決定し、ますます注目を集める大人気自転車ロードレース漫画「弱虫ペダル」。この度、舞台「弱虫ベダル」にシリーズ最新作が登場。主役校・総北高校のライバル箱根学園をフィーチャーした「箱根学園篇」が今秋、上演されることが分かった。

原作は、「週刊少年チャンピオン」(秋田書店発行)にて連載の渡辺航・著の同名コミック。自転車ロードレースにすべてを懸ける高校生たちの熱いドラマと、ロードレースならではの迫力とスピードに満ちた戦いで人気を博し、多くのファンを魅了している。2013年10月からはアニメ化第1期が、翌年10月には第2期が放送され、2015年8月には渡辺氏書き下ろしのオリジナルストーリーで『劇場版 弱虫ペダル』が公開。アニメ第3期が2017年1月より放送される。

舞台版である本シリーズは、気鋭の演出家・西田シャトナーの類まれなる演出技法と実力派俳優陣の熱演が話題となり、2012年から上演。2016年3月に上演された第8弾「舞台『弱虫ペダル』~総北新世代、始動~」では、新キャラクター・キャストが多数参加し、まさに新世代の始動を思わせる作品としてファンから熱い支持を得ている。

この度、「箱根学園篇」と題して主役校・総北高校のライバル箱根学園にフィーチャーする新作の上演決定。出演者第1弾として発表されたメンバーには、葦木場拓斗役を、舞台「刀剣乱舞」で燭台切光忠を演じた東啓介。泉田塔一郎役は、テレビドラマ「バッテリー」出演をはじめ、舞台「武士白虎 もののふ白き虎 ~幕末『誠』に憧れ、白虎と呼ばれた若者達~」「ミュージカル 魔界王子」などで活躍する河原田巧也。黒田雪成役に、舞台「曇天に笑う」青木弥二郎役、舞台「黒子のバスケ THE ENCOUTER」伊月俊役のほか、テレビドラマ版「弱虫ペダル」にも同役で出演が決定している秋元龍太朗。銅橋正清役に、映画・ドラマ・舞台と多方面でキャリアを積む兼崎健太郎ら、続投メンバーがズラリ。

さらに、真波山岳役には、「あんさんぶるスターズ!オン・ステージ」で衣更真緒役を務める谷水力が新たにキャスティングされた。

そのほかのキャスト続報は随時発表予定。新メンバーを迎え、さらにパワーアップした彼らに注目したい。

舞台「弱虫ベダル」箱根学園篇は、9月30日(金)~東京・TOKYO DOME CITY HALLにて、10月7日(金)~大阪・オリックス劇場にて上演。

舞台「弱虫ペダル」、新キャスト迎え新作「箱根学園篇」上演決定!

《text:cinemacafe.net》
【注目の記事】[PR]