「黒子のバスケ」J-WORLD TOKYO 「夏練」イベント6月13日より開催 | アニメ!アニメ!

「黒子のバスケ」J-WORLD TOKYO 「夏練」イベント6月13日より開催

ニュース

「ジャンプ」のアニメ作品の世界観が体感できるアミューズメント施設「J-WORLD TOKYO」で2016年6月13日から8月31日まで『黒子の夏練 in J-WORLD TOKYO』が開催されることが発表された。
劇場版プロジェクトとして2016年にはウインターカップ総集編3作のイベント上映、さらに、2017年には完全新作映画が公開予定となっている本作だけに、ファンの注目を集めるイベントになりそうだ。

『黒子のバスケ』は2009年から2014年まで「週刊少年ジャンプ」にて連載され、単行本は累計3000万部を突破。2012年から3期にわたりテレビアニメが放送された。主人公だけではなくライバル校の選手も含め魅力的なキャラクターも人気で、幅広い層から支持を得ている作品だ。

今回も「J-WORLD TOKYO」のイベントだけに、『黒バス』の世界観がたっぷり味わえるゲームやグッズが目白押しとなっている。まずゲームは「決めろ、キセキのシュート!」だ。決められたラインからボールを投げ、合計得点に応じた景品をゲットでき、作中キャラクター火神にちなんだ「ゾーンタイム」が発生する。他にもクーラーボックスから練習に励む選手に差し入れるためのスポーツドリンクのボトルの裏の色によって、もらえる景品が変わるゲームなどユニークなアトラクションが公開される予定だ。

もちろんここでしか手に入れないオリジナルグッズも登場する。アクリルキーホルダー、スクエア缶バッジ、クリアファイルなど多岐にわたるグッズが販売される。そして、「J-WORLD TOKYO」名物であるフードメニューも、作中で火神が作っていた野菜炒めをアレンジした「火神がパッと作った大盛野菜炒め定食」や、黒子の好物バニラシェイクをパンナコッタで表現し、水色のクラッシュゼリーで海をイメージした「黒子の練習終わりの海ゼリー」なども販売される予定だ。

イベントは8月31日まで。この夏は黒子たちと共に、「J-WORLD TOKYO」で暑い時を過ごせそうだ。

(C) 藤巻忠俊/集英社・黒子のバスケ製作委員会
《尾花浩介》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集