ワンピース×チームラボ「デジタルアー島の冒険」 自分で描いたチョッパーが動き出す | アニメ!アニメ!

ワンピース×チームラボ「デジタルアー島の冒険」 自分で描いたチョッパーが動き出す

ニュース

ワンピース×チームラボ「デジタルアー島の冒険」 自分で描いたチョッパーが動き出す
  • ワンピース×チームラボ「デジタルアー島の冒険」 自分で描いたチョッパーが動き出す
  • ワンピース×チームラボ「デジタルアー島の冒険」 自分で描いたチョッパーが動き出す
  • ワンピース×チームラボ「デジタルアー島の冒険」 自分で描いたチョッパーが動き出す
  • ワンピース×チームラボ「デジタルアー島の冒険」 自分で描いたチョッパーが動き出す
  • ワンピース×チームラボ「デジタルアー島の冒険」 自分で描いたチョッパーが動き出す
  • ワンピース×チームラボ「デジタルアー島の冒険」 自分で描いたチョッパーが動き出す
国民的マンガ作品『ワンピース』が、 デジタルアートを中心に幅広く活躍する集団・チームラボとコラボレーションし、巡回展「デジタルアー島の冒険」を開催する。7月16日から31日の期間、埼玉県・ららぽーと富士見にある常設店舗「チームラボアイランド-学ぶ!未来の遊園地-」にて行う。

「デジタルアー島の冒険」は、2015年に「お台場夢大陸」で展示された作品を中心としたコラボ巡回展だ。今回の埼玉では、7月23日より公開される『ONE PIECE FILM GOLD』の公開を記念し2作品を展示する。
そのひとつが「お絵かきチョッパー」だ。麦わらの一味の中でも可愛くて人気のチョッパーを描くと、目の前の巨大スクリーンで動くというもの。さらに触れるとアクションを起こすほか、デジタルアー島の悪の科学者Dr.ボラムが登場すると、描いたチョッパーがやっつけてくれるなど、ギミック満載の展示となる。
もう一つは、作中に登場する小さな種族をモチーフとした「トンタッタ族が住まうテーブル」である。テーブルの中をトンタッタが走り回っており、手や物を置くと、キャラクターたちが飛び乗ってくる。フライパンなどもあり、それぞれアクションがあるのも面白い。こちらにも悪の科学者Dr.ボラムが登場するが、手や物を使ってトンタッタ族を助けることができる。

期間中には、限定グッズが購入できるストアも登場。常設店であることから、「お絵かき水族館」、「まだ かみさまが いたるところにいたころの ものがたり」、「つくる!僕の天才ケンケンパ」、「光のボールでオーケストラ」の4つも展示される。
巡回展は、7月16日から7月31日までららぽーと富士見店にて開催。夏休み期間もふくまれるため、多くの親子連れが訪れそうだ。

ワンピース×チームラボ「デジタルアー島の冒険」in チームラボアイランド -学ぶ!未来の遊園地- ららぽーと富士見店
期間: 2016年7月16日(土)~7月31日(日)
場所: ららぽーと富士見店
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集