『カードキャプターさくら』新アニメプロジェクト始動「なかよし」で新連載もスタート | アニメ!アニメ!

『カードキャプターさくら』新アニメプロジェクト始動「なかよし」で新連載もスタート

ニュース

『カードキャプターさくら』が「なかよし」での連載から20年を迎えた。20周年ということもあり様々なグッズを展開していたが、いよいよ新アニメプロジェクトが始動となった。さらに「なかよし」では連載もスタートしている。

『カードキャプターさくら』のテレビアニメは1998年から2000年にかけて放送され、劇場版も二本制作された。10年以上の時を経て、再びアニメ化となる。
このプロジェクトの始動に合わせて、公式サイトもリニューアルされた。まだアニメの詳細は明かされておらず、今後登場する情報は大きく注目を集めるだろう。

マンガにも大きく展開があり、6月3日に発売した「なかよし」7月号では、『カードキャプターさくら』の新連載がスタートした。連載は16年ぶりであり、もちろん描いているのはCLAMPだ。今回は「クリアカード編」ということで、小学生だった主人公の木之本桜が、中学1年生へと成長している。他のキャラクターにも変化があるだろう、ファンの反響も大きそうだ。

イベントでは、6月に開催される「東京おもちゃショー」で、「カードキャプターさくら新聞」が先行配布されることが決定した。タカラトミーブースにて配布予定で、なくなり次第終了だ。さらにケロちゃんのきぐるみのグリーティングも予定されている。

『カードキャプターさくら』は少女漫画雑誌「なかよし」で1996年から2000年の間連載されていたCLAMPの人気作だ。主人公の木之本桜が、不思議な本に入っていた「クロウ・カード」の封印を解いてしまうことから物語が展開する。テレビアニメは1998年から2000年まで放送。2016年には、再びNHK BSプレミアムで「クロウカード編」が再放送されている。

『カードキャプターさくら』
(C)CLAMP・ShigatsuTsuitachi CO.,LTD./講談社
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集