VR元年にふさわしい、東京ゲームショウ2016のメインビジュアル公開 | アニメ!アニメ!

VR元年にふさわしい、東京ゲームショウ2016のメインビジュアル公開

幕張メッセで行われる「東京ゲームショウ2016」のメインビジュアルが公開された。ビジュアルにはVRゴーグルをつけた女性のイラストを使用している。

ニュース
毎年多くの来場者が幕張メッセへと集う国内最大のゲーム展示会「東京ゲームショウ」。今年も開催が決まっているこのイベントのメインビジュアルが公開となった。
2016年は、Oculus Riftの予約開始やPlayStationVRの発売などが控えている今年はVR元年と呼ばれている。今回のメインビジュアルも、VRゴーグルを身につけた女性のイラストとなっている。
昨年もVR関連の出展はいくつかあったが、今年はそれ以上に多くの企業がVR関連の出展を行うことが期待できる。ビジュアルからもそうした雰囲気が伝わる。

また、イラストを担当した形部一平氏からのコメントも公開されている。「モニターの中のゲーム世界がゴーグルに移り、そしていつかそのゴーグルさえも外す日が来るだろう。その世界は現実か、非現実か。その概念さえも超える世界をゲームは作ろうとしている。その革命の歴史を重ねてきた東京ゲームショウが今年で20年。僕も新たな革命を是非見に行きたいと思います」とVR技術に対する期待感を漂わせる。

また、今年で20周年を迎えた「東京ゲームショウ」の記念ロゴも同時に公開された。今後このロゴは様々な場面で使われていくということで、こちらも注目だ。

ゲームの形が大きく動こうとしてる「東京ゲームショウ2016」。久しぶりに行く人や、一度も行ったことが無い人も、VR元年と20周年が重なる今年に足を運んでみてはいかがだろうか。2016年9月17日(土)・18日(日)の2日間、一般日が開催される。
《半蔵門アラタ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集