「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」9月公開決定 スピルバーグ最新作はファンタジー | アニメ!アニメ!

「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」9月公開決定 スピルバーグ最新作はファンタジー

ニュース

(C) 2016 Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.
  • (C) 2016 Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.
数々の名作を創りだし、今なおハリウッドでトップクリエイターであるスティーブン・スピルバーグ監督。監督の最新作『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』が日本でも2016年9月に公開されることが決定した。
ジャンルはファンタジーとなる。かつてSFファンタジーの傑作『E.T.』を制作したスピルバーグ監督が紡ぐ新たな作品に注目が集まる。

本作の原作となったのは、ロアルド・ダールが描いた『オ・ヤサシ巨人 BFG』だ。ロアルド・ダールは、イギリス児童文学界の巨匠で、ジョニー・デップの名演で話題となった『チャーリーとチョコレート工場』の原作者でもある。
ロンドンの児童養護施設に暮らす好奇心旺盛な少女ソフィーは、真夜中に窓から入ってきた「巨大な手」に持ち上げられ、突如「巨人の国」に連れて行かれてしまう。ソフィーを連れ去ったのは、夜ごと子どもたちに「夢」を届ける、やさしい巨人 BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント。ひとりぼっちだったソフィーは、孤独な巨人BFG と心を通わせ、奇妙な友情と信頼関係を育んでいくというという奇想天外なアドベンチャーだ。

スタッフはスピルバーグ監督を支え続けてきたベテランたちが集結した。本作が遺作となってしまったが、脚本は『E.T.』のメリッサ・マシスン。アカデミー賞を幾度も受賞しているヤヌス・カミンスキーが撮影、編集はマイケル・カーンが行い、『ジュラシック・ワールド』のフランク・マーシャルが製作を担当。製作総指揮は『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のキャスリーン・ケネディが名を連ねている。
対してキャストはフレッシュさが溢れる顔ぶれだ。巨人BFG役を演じるのは、スピルバーグ監督作品『ブリッジ・オブ・スパイ』で今年アカデミー助演男優賞に輝いた、イギリス演劇界のレジェンド:マーク・ライランス。ソフィー役には、オーディションでこの役を射止めた新進気鋭のルビー・バーンヒルが大抜擢された。

今回、発表されたポスター画像はBFGの足元をソフィーが見上げているビジュアルだ。まだ心やさしい巨人の全貌は公開されておらず、何とも想像をかきたてられるデザインとなっている。物語の全容とともに、今後も公開される情報が見逃せない。

『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』
(C) 2016 Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.
《尾花浩介》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集