スピルバーグからメッセージが 「ジュラシック・ワールド」ジャパン・プレミアにキャスト並ぶ | アニメ!アニメ!

スピルバーグからメッセージが 「ジュラシック・ワールド」ジャパン・プレミアにキャスト並ぶ

イベント・レポート

『ジュラシック・ワールド』ジャパン・プレミア
  • 『ジュラシック・ワールド』ジャパン・プレミア
  • ブライス・ダラス・ハワード
  • タイ・シンプキンス
  • ニック・ロビンソン
  • コリン・トレボロウ監督
  • オリエンタルラジオ
7月15日、映画『ジュラシック・ワールド』のジャパン・プレミアが東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて開催された。世界で最後の公開となった日本には、ヒロインのクレア役を演じたブライス・ダラス・ハワード、パニックに巻き込まれる兄弟、グレイ役のタイ・シンプキンス、ザック役のニック・ロビンソンのキャスト、さらにコリン・トレボロウ監督が参加した。さらに日本語版声優を務めたオリエンタルラジオの中田敦彦と藤森慎吾も登壇した。

すでに世界的な大ヒットになっているだけに、メディアの関心も高い。ジャパン・プレミアには多数の取材陣が詰めかけた。レッドカーペットには約500万円相当にもなったという等身大ヴェロキラプトルも登場し、周囲の人々を驚かせた。
レッドカーペットに登壇したキャスト陣も、笑顔でこれに応える。声援に応えながらサインや写真撮影などファンサービスを披露した。またそれぞれ感謝の言葉を伝えた。

さらにここで今回来日できなかった主演のクリス・プラットと製作総指揮のスティーヴン・スピルバーグから、ビデオメッセージも紹介された。
プラットは「みんなも『ジュラシック・ワールド』を楽しんでくれると嬉しいな。スクリーンでお会いしましょう!」と、スピルバーグは「日本でも大ヒットすることを祈っています。コリン、あとはよろしく! アリガトウ!」とコメントが上映された。

トレボロウ監督は「ジュラシックシリーズの未来、再発進するための役目を果たせたと思います。この作品は語り継がれるべき映画です。今日皆さんにお見せできることを誇りに思います」と語った。そして「映画は映画館で楽しむべきエンターテイメントです。ジュラシック・パークの創設者ジョン・ハモンドが言ったように、この乗り物を楽しんでください」とメッセージを送り、舞台挨拶を締めくくった。
[高橋克則]

『ジュラシック・ワールド』
8月5日全国ロードショー
http://www.jurassicworld.jp
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集