マンガアプリ「comico」中国にてサービス開始、現地作家の発掘する取り組みも | アニメ!アニメ!

マンガアプリ「comico」中国にてサービス開始、現地作家の発掘する取り組みも

ニュース

NHN comicoは、自社が運営するスマートフォン向けの無料マンガアプリcomicoの中国進出を発表した。4月28日より中国でのサービスを開始した。comicoの海外進出は、台湾、韓国、タイに続く4度目となる。

comicoは、無料でマンガ・ノベルを提供するスマートフォンアプリで、2013年10月にサービスを開始。130作品を超えるオリジナルマンガを有しており、ダウンロード数は1,200万を突破している。
今回サービス中国版では、日本の人気50作品に加えて、台湾版や韓国版からも作品を提供する。サービス開始時点で70作品が揃った。さらに中国の現地作家を発掘・支援する取り組みをスタートさせた。今後は現地作家による作品を拡充していく。

今回の中国進出は、中国におけるアニメ・コミック文化の急速な発展を踏まえたものだ。インターネットリサーチ会社・I Researchが2015年11月に発表した調査レポートによると、2015年中国におけるアニメ・コミック・ゲームの利用者は約2億1千万人と、前年比47パーセントと増加。2016年には2億7千万人に達すると予測されている。
またインターネットコンテンツにおける人気ジャンルでは、1位の「動画」に次いで「マンガ」が2位にランクイン。これらの中国におけるマンガ市場の拡大傾向に注目し、今回の中国進出に至った。

サービスの提供は、NHN comicoのグールプ会社であり、大連に拠点を置くNHN Service Technorogy Corp.を通じて行われる。
また、海賊版が蔓延する中国では、comico作品の不法アップロードが確認されていた。今回の公式サービスの提供により、海賊版に対する抑止力となることが期待される。

comico(コミコ)
<App Store ダウンロードページ>
https://itunes.apple.com/jp/app/id721512660
<Google Play ダウンロードページ>
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.comico
(C)NHN comico Corp.
《沖本茂義》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集