「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」予告編を公開 夢と幻想の世界が再び | アニメ!アニメ!

「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」予告編を公開 夢と幻想の世界が再び

ニュース

『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』が7月1日に全国公開となる。2010年にティム・バートン監督により大ヒット作となった『アリス・イン・ワンダーランド』のシリーズ最新作である。ルイス・キャロルの傑作文学をディズニーは、幻想感いっぱいの実写映画とした。
今回は新たにこの予告編の配信がスタートした。前作以上に華やかな世界観が明らかになっている。

予告編はアリスが1匹の美しい青い蝶(アブソレム)に誘われて不思議な鏡を通り抜け、かつて訪れたワンダーランドの世界に呼び戻される場面から始まる。
彼女を待ち受けていたのは、大切な友達・マッドハッタ―の命の危機だった。強い意志を持つ大人の女性へ成長したアリスは自らの力を信じて、マッドハッタ―のために強敵・タイムに立ち向かっていく。

今回の見どころは、多くの謎に包まれている新キャラクターと幻想的な時間の世界である。巨大な振り子、空から吊るされている懐中時計、押し寄せる時空の波、歯車で出来た不気味なロボット……。さらにタイム自身まで歯車でできており、ワンダーランドの摩訶不思議な映像美に期待が膨らんでいく。
もちろん前作に登場したお馴染みのキャラクターたちも印象的だ。マッドハッタ―、チェシャ猫、白の女王、そして一度聞いたら忘れないドスのきいた高笑いをする赤の女王など、どのキャラも多彩な狂気を帯びて登場している。ワンダーランドの妖しい魅力を表現しており、公開が待ち遠しくなる仕上がりとなった。


主人公のアリスを演じるミア・ワシコウスカはじめ、マッドハッタ―役のジョニー・デップ、白の女王役のアン・ハサウェイ、赤の女王役のヘレナ・ボナム=カーターら、豪華俳優陣が集結。ティム・バートンが創り上げた奇妙で美しい世界を再び蘇らせた。
物語の鍵を握るタイム役には『ポラット/栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』のサシャ・バロン・コーエンを起用。ワンダーランドにどのような変化をもたらすのか期待したい。監督は人形劇映画「ザ・マペッツ」シリーズのジェームズ・ボビンが務める。
[高橋克則]

『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』
7月1日全国ロードショー
(c)2016 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved. / Disney.jp/Alice-Time
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集