ディズニーが「bonobo」を活用、映像ソフト購入者向けに新サービス | アニメ!アニメ!

ディズニーが「bonobo」を活用、映像ソフト購入者向けに新サービス

ニュース

ディズニーが「bonobo」を活用、映像ソフト購入者向けに新サービス
  • ディズニーが「bonobo」を活用、映像ソフト購入者向けに新サービス
ディズニー・スタジオ・ジャパンは、同社から発売されるBlu-ray/DVDの購入者むけの新サービスを開始した。映像配信サービス「bonobo」を利用して、特別価格で映像のデジタルコピーを購入が出来る。これにより自身のスマートフォンやタブレット端末に、作品がダウンロードできる。

新サービスは、2016年4月20日から2017年4月19日までの期間限定で運用される。特徴的なのはBlu-rayまたはDVD購入者を対象としていることだ。商品に封入されたMagicコードをサービスサイトに登録することで利用が可能になる。
これを使うことで、デジタル配信作品が特別価格で購入できる。現在はbonoboのひとつのみだが、今後プラットフォームは順次追加される。
大好きな映画をいつでも楽しめるだけでなく、デジタル配信は気になっていたものの、なかなか手が付けられなかった人にとっても便利なサービスだ。利用には無料のディズニーアカウント登録も必要になる。

また、ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンが独自に展開するMovieNEX版を所持している場合は、追加料金なしでデジタルコピーを取得可能だ。その上で、デジタルコピーを取得していないプラットフォームでも購入できるという。
現在の対応作品は、『アラジン』『トイ・ストーリー』『パイレーツ・オブ・カリビアン』など、新旧50タイトルだ。
《ユマ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集