劇場版「Heaven’s Feel」続報や「Fate/EXTRA」のアニメ化が発表 「Fate Project 2016」ステージレポート | アニメ!アニメ!

劇場版「Heaven’s Feel」続報や「Fate/EXTRA」のアニメ化が発表 「Fate Project 2016」ステージレポート

ニュース アニメ

3月27日、東京ビッグサイトで開催された「AnimeJapan 2016」のステージプログラムとして、「Fate Project 2016」が開催された。TYPE-MOONが手がける大人気作品群「Fate」シリーズが、2016年に展開を予定している3つのプロジェクトについて発表する場となっており、会場には多くのファンが集結。その様子はニコニコ生放送でも配信された。

まずは、『Fate/stay night』における第3のルートであり、ufotableによる劇場版製作がアナウンスされていた『Heaven’s Feel』について。ここではゲストに衛宮士郎役の杉山紀彰、セイバー役の川澄綾子、間桐桜役の下屋則子、監督の須藤友徳が登壇した。

ここで初お披露目となるPVが上映され、全3章での製作となること、その第1章公開が2017年になることが明かされた。静的なイメージながらも強いメッセージ性を感じさせるメインビジュアルには様々な意味が込められ、それを語った須藤監督の言葉が印象的となった。

2つ目の発表は、製作が明かされて間もないPS4/PS Vita用ソフト『Fate/EXTELLA』について。ネロ・クラウディウス役の丹下桜と、本作のプロデューサー・佃健一郎が登壇した。こちらも初お披露目となるPVを上映した。
そして丹下演じるネロが初登場となったシリーズ『Fate/EXTRA』が、2017年にテレビアニメ化するというサプライズ発表があり、会場からは歓喜の声が上がった。『LastEncore(ラストアンコール)』というタイトルで、製作はシャフトが担当する。

最後のステージは、リリースから破竹の勢いが止まらない『Fate/Grand Order』。本作登場キャラクターを多く担当する、島崎信長と種田梨沙がゲストに招かれた。これまでに演じてきたうち、印象に残っているエピソードを訊かれると、種田は3月10日に発売された『コンプティーク』付録のドラマCDを話題に挙げた。島崎は、実装されたばかりのエドモン・ダンテスについて語った。とっつきにくそうな反面、意外と愛嬌のあるキャラクター性など、熱の込もったトークを展開した。
3月30日から配信となった最新第5章のCMを上映後は、「AnimeJapan 2016」とのコラボイベントが開催するとアナウンス。最後にそれぞれメッセージを送り、「Fate Project 2016」ステージの幕を降ろした。

AnimeJapan 2016
ビジネスエリア:2016年3月25日(金)~3月26日(土)
メインエリア:2016年3月26日(土)~3月27日(日)
場所:東京ビッグサイト
《キャプテン住谷》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集