ちびまる子ちゃんの「おどるポンポコリン」 ゴールデンボンバーが新たに歌う | アニメ!アニメ!

ちびまる子ちゃんの「おどるポンポコリン」 ゴールデンボンバーが新たに歌う

ニュース

ゴールデンボンバー
  • ゴールデンボンバー
  • 「ちびまる子ちゃん」(C)さくらプロダクション / 日本アニメーション
  • 「ちびまる子ちゃん」(C)さくらプロダクション / 日本アニメーション
  • 「ちびまる子ちゃん」(C)さくらプロダクション / 日本アニメーション
  • 「ちびまる子ちゃん」(C)さくらプロダクション / 日本アニメーション
  • 「ちびまる子ちゃん」(C)さくらプロダクション / 日本アニメーション
  • 「ちびまる子ちゃん」(C)さくらプロダクション / 日本アニメーション
  • 「ちびまる子ちゃん」(C)さくらプロダクション / 日本アニメーション
今年で原作漫画連載30周年、テレビアニメ放送26年目を迎える「ちびまる子ちゃん」。この度、本アニメのオープニング主題歌「おどるポンポコリン」(作詞:さくらももこ/作曲:織田哲郎)を歌う新たなアーティストが、人気ビジュアル系エアーバンド「ゴールデンボンバー」に決定。10日の放送で初披露された。

鬼龍院翔、喜矢武豊、歌広場淳、樽美酒研二の4人からなる「ゴールデンボンバー」は、個性的な楽曲と笑いのある独特なライブパフォーマンスで多くのファンを獲得、昨年の紅白歌合戦では4年連続でヒット曲「女々しくて」を披露し、紅白タイ記録を作るなど世間にインパクトを与えてきた。そんな彼らが今回、木村カエラ、「E-Girls」に続き、主題歌「おどるポンポコリン」を担当する。

また「ゴールデンボンバー」の4人は、「ちびまる子ちゃん」の世界に入って、“金爆コンサート”を開催。そこでまる子をはじめとした登場人物が、コンサートに参加するというスペシャル感満載の共演も果たしている。今回のコラボレーションについては、前週の3日放送の予告に、なぜか白塗りの顔っぽいものが現れる…という仕掛けを実施。実は、メンバー・樽美酒さんであり、1週間後の彼らのオープニング登場を予期させていたのだ。これを見た樽美酒さんは「不思議な感覚になりましたね…。あ、これ俺なんだよなって」と語り、「家族からもメールがきました(笑)。『これどういうこと?』って」と周囲も反応していたとか。常に話題づくりを惜しまないゴールデンボンバーらしい、遊び心たっぷりの取り組みが行われていた。

「ゴールデンボンバー」がアニメーションとして登場するのは今回が初めてということで、実際にアニメキャラクターになった自分たちを見て鬼龍院さんは、「完全にイケメンの絵柄で作ってくださって…」と謙遜、喜矢武さんは「樽美酒だけコミカルさが残っていてそのままだ」と話すと「いい感じに俺でバランスとっている感じでしょ」とメンバー皆満足そうに話していた。

そして主題歌に決まった感想については、鬼龍院さんが「マジかよ…マジなのか? って。驚いたんですけど、めちゃめちゃうれしかったです。“おどるポンポコリン”は、とにかく元気で荒々しくしようと思って歌いました。『E-girls』さんのかわいくておしゃれな感じから、男らしい部分を見せてやろうと叫んでみました」と込めた想いを語っている。

また番組プロデューサーも、「アニメ放送26年を迎えオープニングを変更するにあたり、さくら先生やスタッフと相談をして、ゴールデンボンバーさんにカバーしていただけないかお願いした所、『ちびまる子ちゃん』に色濃く表れている “ 笑いのセンス ”や、(ある意味ロック的な) “ めちゃくちゃさ ”に共鳴していただき、今回オープニング曲を務めていただくことになりました。出来上がった楽曲は斬新さもあり、力強さもあり、今後の『ちびまる子ちゃん』をよりパワーアップしてくれるクオリティーになっていると思います!」と自信を覗かせている。

アニメ「ちびまる子ちゃん」は毎週日曜日18時~フジテレビにて放送。

金爆×まる子が夢の共演!元気で荒々しい“おどるポンポコリン”

《cinemacafe.net》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集