カートゥーン ネットワークがbonoboで映像配信 「アドベンチャー・タイム」など人気作ラインナップ | アニメ!アニメ!

カートゥーン ネットワークがbonoboで映像配信 「アドベンチャー・タイム」など人気作ラインナップ

ニュース

2016年4月1日、ターナージャパンは、映像配信サービス「bonobo(ボノボ)」で料金課金制のT-VODサービスを開始した。ターナージャパンはアニメーション専門チャンネルのカートゥーン ネットワークなど複数の有料チャンネルを運営する。
人気オリジナル作品の『アドベンチャー・タイム』などから全100エピソードを配信する予定だ。新たなサービス展開によって作品に触れられる機会を増やし、さらなるユーザー獲得に繋げていく。

カートゥーン ネットワークは世界192ヶ国以上、約3億7000万世帯が視聴する世界最大級のアニメーション専門チャンネルである。日本では衛星放送の「スカパー!」や全国のケーブテレビなどで視聴できる。
サービス開始時は、日本でも人気のコメディ『アドベンチャー・タイム』や、新シリーズの制作が決定した『パワーパフガールズ』をはじめ、『おかしなガムボール』『おっはよー!アンクルグランパ』などの中から100エピソードを公開する。数多くの人気作を持つカートゥーン ネットワークだけに、今後のラインナップ拡充にも期待がかかる発表となった。

さらにターナージャパンが運営する男性向けエンターテイメントチャンネルMONDO TVからは、幅広い年齢層の支持を受ける麻雀ジャンルや、パチンコ・パチスロ、アイドルの各ジャンルを含めた20エピソードを配信。日本で唯一の旅専門チャンネル旅チャンネルからは『HawaiiローカルNEWS!Special』『ご当地ラーメン探訪』『太田和彦の日本百名居酒屋』など10エピソードを公開する。
ターナージャパンの3チャンネル合同スタジオポータルもオープンしており、作品一覧を確認できる。
[高橋克則]
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集