Production I.G制作、藤原竜也がボイス 「ファントム オブ キル」新TVCMスタート | アニメ!アニメ!

Production I.G制作、藤原竜也がボイス 「ファントム オブ キル」新TVCMスタート

ニュース

スマートフォン専用アプリ『ファントム オブ キル』の新たなTVCMを、国内トップクラスのアニメスタジオProduction I.Gがアニメーション制作し話題を読んでいる。テレビCMで4月1日より放送されているほか、公式サイトでも配信中だ。
さらに本作は声の出演には、人気俳優の藤原竜也を起用した。藤原は『デスノート』の夜神月役、『バトル・ロワイアル』の七原秋也役、『カイジ 人生逆転ゲーム』伊藤開司役でもお馴染みだ。現在公開中の『僕だけがいない街』でも主人公の悟を演じている。映画ファンやマンガファン、アニメファンにも知られた存在である。

『ファントム オブ キル』はスマートフォン向けゲームとして配信されている。「戦略性×ドラマ」をコンセプトとしたシミュレーションRPGである。3Dバトルやドラマティックなストーリーが特徴になっている。オープニングムービーでは映画監督、アニメ監督として世界的に知られた押井守氏が世界観を描いたのも話題を呼んだ。
今回放送されている新TVCMはゲーム画面は一切も映らないという斬新なもので、映像の大半はProduction I.Gが制作したアニメーション映像だ。クオリティも高く、まるでアニメーション映画のCM映像と見間違えるほど。


また、このCM放送に合わせて4月1日から14日まで、渋谷駅周辺の屋外看板を『ファントム オブ キル』がジャック。赤を基調とした本作の看板が渋谷駅周辺を埋め尽くす。
そして、4月9日(土)-10日(日)の2日間には渋谷PARCO 公園通り広場にて『ファントム オブ キル ― SHOUT ZERO VR ― 』と題したVR体験イベントを開催。4月1日に公開されたコンセプトフィルム『ファントム オブ キル ― ZEROからの反逆― 』の舞台である2200年の荒廃したトウキョウにVRで入り込み、『ファントム オブ キル』の世界を体験できるというものだ。
4月1日(金)には、でんぱ組.incが歌うコンセプトフィルム『ファントム オブ キル ― ZEROからの反逆― 』の主題歌『Truth of the ZERO』の配信も開始した。

現在、上記の企画を含めた「プロジェクトZERO」が行われている「ファントム・オブ・キル」。これまで明かされなかった前日譚が明かされる。
こちらもアニメーション制作は、Production I.Gだ。今泉潤(Fuji&gumi Games)の企画・原案に、『PSYCHO-PASS サイコパス』で大ヒットを放つ塩谷直義が監督を担当する。ストーリーを含めて今後の展開にも注目したい。

『ファントム オブ キル』
(C)Fuji&gumi Games
《半蔵門アラタ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集