「NARUTO」名シーン 竹内順子と杉山紀章の名コンビでCMに蘇る | アニメ!アニメ!

「NARUTO」名シーン 竹内順子と杉山紀章の名コンビでCMに蘇る

『NARUTO 疾風乱舞 忍コレクション』の新TVCMにて、ナルト役の竹内順子、サスケ役の杉山紀章が声優として参加している。ファンにお馴染みの名シーンをパロディ化した。

ニュース
12月1日よりスマホゲームアプリ『NARUTO 疾風乱舞 忍コレクション』の新テレビコマーシャルが放送中だ。本CMには、本編アニメと同様にナルト役の竹内順子さん、サスケ役の杉山紀章さんが声優として参加している。
注目されるのは、その内容である。「宿命の疾風乱舞篇」と題し、ファンにはお馴染みの名シーンをパロディ化している。

『NARUTO 疾風乱舞 忍コレクション』は、岸本斉史さんが描く人気マンガ『NARUTO-ナルト-』を題材としたゲームアプリだ。ナルトら人気キャラクターが総出演し、原作の世界観を表現したステージをデフォルメされたキャラクターたちが走り抜けるランナーゲームとなっている。
またボス戦に突入すると攻撃や忍術を戦術的に繰り出せるなど、RPG的要素も楽しむことができる。


今回、放送となるテレビCMは、劇中の名シーンをパロディ化したものとなっている。遊ぶこともできないほど忙しい毎日を送っているサスケを、ナルトが『NARUTO 疾風乱舞 忍コレクション』で助け出すというストーリーだ。
元ネタはアニメ『NARUTO-ナルト-疾風伝』の第215話「ふたりの宿命」における、ナルトの必殺技「螺旋丸」とサスケの「千鳥」が真っ正面からぶつかり合う場面だ。CM限定のパロディ化された名シーンを楽しみたい。

またCM放送を記念して、ゲーム内で特別キャンペーンを実施する。12月1日から12月31日の期間、ゲームをダウンロードまたはログインすると、「カカシ 千年殺しver.」がプレゼントされる。
さらに特別イベントとして「カカシ 外伝編」を期間限定で実施する。CMと合わせてこちらもチェックしたい。

『NARUTO-ナルト-』は、1999年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載開始された。その人気を受けて、2002年にはテレビアニメ化され、現在も『NARUTO -ナルト- 疾風伝』として放送中だ。原作コミックスは72巻まで発売され、累計発行部数は1億4,000万部以上を記録している。その人気は国内を飛び出し、原作は海外35以上の国と地域で翻訳されている。日本を代表するマンガ作品のひとつだ。
《沖本茂義》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集