「ラクエンロジック」発表会 アニメとTCGで展開する大型企画に小野賢章も上坂すみれも驚き  | アニメ!アニメ!

「ラクエンロジック」発表会 アニメとTCGで展開する大型企画に小野賢章も上坂すみれも驚き 

2015年11月17日、東京・秋葉原のUDXシアターにて、新企画『ラクエンロジック』が発表された。6社が協力する大型プロジェクトの発表、その様子をレポートする。

イベント・レポート アニメ
2015年11月17日、東京・秋葉原のUDXシアターにて、新企画『ラクエンロジック』が発表された。ブシロード、バンダイビジュアル、動画工房、ニトロプラス、ランティス、遊宝洞の6社が協力する大型プロジェクトである。オリジナルアニメとブシロードによるトレーディングカードゲーム(TCG)を同時展開する。
プロジェクト発表会は二部構成、第1部にテレビアニメ、第2部にTCGを披露した。また会場の様子は、ニコニコ生放送でも中継され、多くのユーザーが見守るなかでの発表となった。本レポートでは第1部の模様をお届けする。

第1部のステージでは、まずブシロードの木谷高明社長が登壇、本作のプロジェクトについて語った。数多くのTCGを展開するブシロードだが、今回はオリジナルアニメと同時に展開するとあってとりわけ力が入っている。
テレビアニメは現在1クールの放送が決定しており、TCGの動向次第ではその後の展開もあるという。「永遠に続くようによろしくお願いいたします」と力強い言葉に、会場にはTCG販売店舗の関係者も多かっただけに大きなアピールになった。

続いて、テレビアニメの監督である千明孝一さん、シリーズ構成を担当する高橋悠也さんが登壇した。ここで高橋さんが作品の登場人物や世界について説明。本作のタイトルは「Luck&Logic」に由来するとのこと、TCGの勝負を左右する“運”=Luckと“論理”=Logicが表現されている。本作では二人一組の“バディ”が登場し、その二人が合体(トランス)することでビジュアルが変化、その要素がさらにストーリーやアクションを広げる。
千明監督は、久しぶりのテレビアニメということで本作に意欲を見せる。2Dと3Dをうまく融合し「バディもの」であることを大切にしたいと話した。

続いてメインキャストである小野賢章さんと上坂すみれさんが登場した。ステージの画面に、合体したキャラクターの原画ビジュアルが紹介された。初めて原画ビジュアルを見るという小野さんは「強そう」とそのビジュアルに驚き、上坂さんは自分の演じるアテナの要素が服に表れていると驚いた。
主題歌の発表も行われた。オープニングテーマを小野賢章さん自身が、エンディングテーマを新田恵海さんが歌うことが明らかになった。そこからさらにゲストとして新田恵海さんも登場し、本作への期待を語った。

最後には全員が作品への期待を語った。千明監督は若いアニメ監督たちに負けないよう「頑張りたい」と語り、キャストはアフレコが始まったばかりということもあり、楽しくやっていきたい、TCGを勉強していきたいなど意気込みを語った。
《タカロク》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集