「ジョジョの奇妙な冒険」第4部が初アニメ化 東方仗助とクレイジー・ダイヤモンドが動き出す | アニメ!アニメ!

「ジョジョの奇妙な冒険」第4部が初アニメ化 東方仗助とクレイジー・ダイヤモンドが動き出す

ニュース

荒木飛呂彦が描く人気マンガ『ジョジョの奇妙な冒険』の第4部「ダイヤモンドは砕けない」が、テレビアニメ化されることになった。2015年10月24日、東京国際フォーラムにて開催されたアニメ『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース』のスペシャルイベント「THE LAST CRUSADERS」で発表された。
イベントのタイトルは“THE LAST”だったが、アニメはまだまだ続くことになる。また、同日アニメ『ジョジョの奇妙な冒険』の公式サイトでも、アニメ化決定の特報映像が配信を開始した。公開された特報は、配信開始からわずか1日足らずで、65万再生数を越えている。

この映像は長さ45秒だが、このなかで第3部『スターダストクルセイダース』からの続きであることが示されている。今回は製作の枠組みやスタッフなどは発表されていないが、これまでの第1シーズン、第2シーズンを踏襲することを窺わせる。
また放送開始時期などもまだ明らかにされていない。公式サイトでは、続報は雑誌「ウルトラジャンプ」(集英社)と公式サイトにて随時発表するとしている。こちらの新たな動きをチェックしたい。


新たにアニメ化が決定した第4部「ダイヤモンドは砕けない」は、第3部「スターダストクルセイダース」に引き続き1992年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載をスタート。1995年まで3年にわたり連載された。
ストーリー的にも『スターダストクルセイダース』に続く時代となっている。ジョセフ・ジョースターの隠し子である東方仗助を、第3部の主人公であった空条承太郎が探しにM県S市杜王町を訪れるところから始まる。スタンドを発動させる「弓と矢」を中心にまた新たな闘いが繰り広げられる。第1部から第3部までは日本はあまり舞台にならなかったが、本作では日本が活躍の場となるのも見逃せない。
『ジョジョの奇妙な冒険』はたびたびアニメ化されているが、「ダイヤモンドは砕けない」のアニメ化は今回が初となる。仗助とそのスタンドであるクレイジー・ダイヤモンドのアニメ映像は、まさにファン待望だ。

『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』
(C)LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社・ジョジョの奇妙な冒険DU製作委員会
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集