動員50万人目前「心が叫びたがってるんだ。」 乃木坂46が“心を叫ぶ” スペシャル映像公開 | アニメ!アニメ!

動員50万人目前「心が叫びたがってるんだ。」 乃木坂46が“心を叫ぶ” スペシャル映像公開

ニュース

(C) KOKOSAKE PROJECT
  • (C) KOKOSAKE PROJECT
  • (C) KOKOSAKE PROJECT
2015年9月19日より公開されたアニメ映画『心が叫びたがってるんだ。』が引き続き好調だ。10月5日には累計動員で49万,892人を記録、累計興収は6.5億円を突破した。幅広い客層が劇場に足を運んでおり、リピーターも続出するなど盛り上がりを見せている。

『心が叫びたがってるんだ。』は、長井龍雪監督、脚本の岡田麿里さん、キャラクターデザインの田中将賀さんら大ヒットアニメ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』のスタッフが再結集してつくられた劇場アニメだ。幼少期のある出来事がきっかけで喋ることができなくなってしまった少女・成瀬順を主人公に、心の葛藤と人と人との絆を描いた青春群像劇だ。
この度、本作の主題歌を歌うアイドルグループ・乃木坂46が本作を鑑賞し、その様子と感動のコメントをおさめたスペシャル映像が公開となった。


公開となったスペシャル映像では、乃木坂46のメンバーのうち15人が上映会に出席、鑑賞後の感想がそれぞれの口から語られている。鑑賞後すぐに涙も乾かぬまま松村沙友理さんは「生きてて言葉の重要性をすごく感じてて……言葉は傷つけるけどやはり言葉で伝えなきゃいけないなと」と語っている。本作のテーマに言及し、言葉の大切さを実感したという感想が多く見られる。
一方、衛藤美彩さんは「きれいごとだけじゃなくてリアルなところまで描かれていて、今アイドルやっている中で思っていることとリンクするところがあってすごく考えさせられました」と語る。登場人物が抱える葛藤が、アイドルとして活躍するメンバーの心情や迷いと共鳴するところが多いようだ。

また日本でヒットを続ける『ここさけ』だが、海外でも続々と上映が決定した。11月1日に封切りとなるアメリカとカナダを皮切りに、ドイツ、オーストリア、韓国、メキシコなどで順次公開となる。計70館以上での上映を予定している。
さらに現在も世界各国からオファーが続々と届いており、『劇場版あの花』を超えるスピードとボリュームで海外展開が行われる見込みとなっている。『ここさけ』人気は国内を飛び出し、海外でも波及しそうだ。
《沖本茂義》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集