劇場版「ソードアート・オンライン」決定など発表相次ぐ 「電撃文庫 秋の祭典」グランドフィナーレレポート | アニメ!アニメ!

劇場版「ソードアート・オンライン」決定など発表相次ぐ 「電撃文庫 秋の祭典」グランドフィナーレレポート

ニュース アニメ

2015年10月4日(日)、「電撃文庫 秋の祭典2015」のメイン会場・秋葉原UDXにおける最後のイベントとして、グランドフィナーレが開催された。
ステージには、インターネットラジオ「うぇぶらじ@電撃文庫」のパーソナリティを務める、うえむらちかさん、三澤紗千香さん、そして電撃文庫編集部の三木一馬さんが登壇。はじめに今回の祭典で発表済みの情報を振り返りつつ、本ステージで「電撃文庫メディアミックス5大発表」があることを明かし、会場の期待を煽った。

一つ目の発表は「『灼眼のシャナ』アニメ10周年記念イベント開催!」。『灼眼のシャナ』は高橋弥七郎さん+いとうのいぢさんが手がける電撃文庫の人気作で、TVアニメも第3期まで放送されている。
その第1期の放送がはじまった2005年10月から10周年を迎えたということで、シャナ役の釘宮理恵さん、坂井悠二役の日野聡さんら豪華キャストが集合する記念イベントを開催するという。詳細は決まり次第、アニメ公式サイトで明かされるとのこと。

二つ目は「『天使の3P!』ユニットプロジェクト始動!」。『天使の3P!』は、『ロウきゅーぶ!』の蒼山サグさん+てぃんくるさんというタッグが手がける、音楽をモチーフとしたライトノベルである。
小学5年生女子3人組によるスリーピースバンド「リトルウィング」の活躍と成長が描かれる。今回の発表によれば、このリトルウィングのユニットプロジェクトが始動、さらにドラマCD化も決定とのことで、誰が声や歌を担当するのか続報が待ち遠しい。

三つ目は「『ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン』TVアニメ化決定」。宇野朴人さん+さんば挿さん(5巻まで)/龍徹さん(6巻より)が手がけるファンタジー戦記が待望のアニメ化。独自の世界観やキャラクターの紹介につづき、原作者の宇野さん書き下ろしのミステリー仕立てのドラマCDの制作も発表され、会場のファンを沸かせた。

四つ目は「『アクセル・ワールド』新作アニメーション制作決定」。本日の司会である三澤紗千香さんがヒロイン・黒雪姫/ブラック・ロータス役およびエンディングを務めた人気TVアニメ『アクセル・ワールド』の完全新作アニメ『アクセル・ワールド ―インフィニット・バースト―』が制作されるという。
ティザーPVが流され、歓声に包まれた会場のなか、ストーリーは原作者の川原礫さん書き下ろしで、すでにアフレコが完了しているとの報告がなされた。新キャラクターも登場するという。

そしてラストを飾る五つ目は「『ソードアート・オンライン』劇場版アニメ制作決定!」だ。
ゲストとして、声優の松岡禎丞さん、さらにその助っ人としてAndroid専用アプリ「めざましマネージャー」第一弾「アスナ」を招いて発表が行われた。
劇場版は原作者の川原礫さん書き下ろしストーリーで、制作スタッフはTVシリーズ同様、監督に伊藤智彦さん、キャラクターデザインに足立慎吾さん、制作にA-1 Picturesと安心の布陣。さらにTVシリーズの劇伴をまとめたCD『ソードアート・オンライン ミュージックコレクション』や、原作イラストを手がけるabecさんの『abec画集』の発売も決定しているという。それぞれの発表のたびに割れんばかりの歓声と拍手が沸き起こりつづけた。
最後は松岡さんからキリトの声で「みんな、劇場で会おうぜ!」の掛け声で、熱狂のなかステージは締めくくらた。
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集