「攻殻機動隊」VRを体験 東京ゲームショウ初出展のプロダクションI.Gはドームシアターで大迫力 | アニメ!アニメ!

「攻殻機動隊」VRを体験 東京ゲームショウ初出展のプロダクションI.Gはドームシアターで大迫力

イベント・レポート

「攻殻機動隊」VRを体験 東京ゲームショウ初出展のプロダクションI.Gはドームシアターで大迫力
  • 「攻殻機動隊」VRを体験 東京ゲームショウ初出展のプロダクションI.Gはドームシアターで大迫力
  • 「攻殻機動隊」VRを体験 東京ゲームショウ初出展のプロダクションI.Gはドームシアターで大迫力
9月17日から幕張メッセで「東京ゲームショウ2015」がスタートしている。2015年は、ソーシャルゲームの主要企業が続々大型ブースを出展する一方で、YouTubeやAmazonも参加とゲーム領域の拡大が際立った。
Amazon/ Twitchと隣接してブースを設けたプロダクションI.Gもそんな異色の出展社のひとつだ。同社は『攻殻機動隊』や『宇宙戦艦ヤマト2019』、「BLOOD」シリーズ、『黒子のバスケ』などでお馴染みのアニメーション制作会社である。
そんなプロダクションI.Gが東京ゲームショウ2015で紹介するのは、9月14日に発表された『攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver』のティザー映像である。アニメであると同時に、インタラクティブに体験するコンテンツは、確かに東京ゲームショウに相応しい。

プロダクションI.Gのブースにはこれを上映するドームシアターが設置され、一際大きな存在感を誇っている。また赤いタチコマの展示もあり、時間によっては草薙素子とバトーも現れた。
シアターの入場は定員制、入口でまず懐かしさも感じる赤と青の3Dメガネを渡される。映像を観る際にこれを自ら手でかざす。ドームシアターのため観客は上方見ることになる。画面はより全面広がり、それを見渡す。

映像は約3分、それがあっという間に過ぎ去るほどの迫力とクオリティとなっていた。『攻殻機動隊』ならではの世界観で、近未来的が舞台ということもありVR映像として引きこまれる要素が多かった。
キャラクターやメカはまさに飛び出すように見え、手を伸ばせば触れられそうな印象を与える。まさに仮想現実という言葉がぴったりである。VRの新たな可能性が見せる映像となっていた。
ティザー映像は3分だったが、今後は約10分の完成版を予定している。今冬に全世界配信とのことだ。
《タカロク》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集