公開直前「アントマン」 ジャパンプレミアにポール・ラッドとペイトン・リード監督  | アニメ!アニメ!

公開直前「アントマン」 ジャパンプレミアにポール・ラッドとペイトン・リード監督 

イベント・レポート

(c)Marvel 2015
  • (c)Marvel 2015
  • (c)Marvel 2015
  • (c)Marvel 2015
  • (c)Marvel 2015
9月19日に映画『アントマン』の全国公開がスタートする。その全国公開に先駆け、9月15日にはジャパンプレミアイベントが開催された。
会場の六本木のEX THEATERには、アントマン役のポール・ラッドさん、監督のペイトン・リードさんが登壇。さらに日本語吹替声優を務めた内田有紀さん、溝端淳平さん、ブラックマヨネーズの小杉竜一さんも姿を見せた。

400人のファンが詰めかけたイベントでは、まず吹替キャストのメンバーが登場。ファルコン役の溝端さんとルイス役の小杉さんは黒のスーツ、ホープ役の内田さんはブラックドレスを身にまとい、強さと美しさを兼ね備えた役柄そのままのイメージでファンを魅了した。
続いて今回が初来日のポール・ラッドさんとペイトン・リード監督が姿を見せると温かい声援で迎えられ、二人は笑顔で手を振って応えた。

初めて日本語版声優に会った監督は「皆さん、イメージぴったりだよね。どの人がどの役をしているかすぐに分かったよ」と絶賛。「なかなか他の国の吹き替えキャストに会うことなんてないから、本当にうれしいですね!」とコメントした。
ポールさんはアリの格好をしたアント隊がステージ後ろに並んでいることに驚いた様子。「今は劇中と同じくアリのみなさんに囲まれて。本当にみなさん、愛してます!」と喜びを爆発させた。
ポールさんの印象を聞かれた内田さんは「日本の女性の心をつかむのがうまい! この笑顔見てくださいよ、チャーミングですよね」と語ると、ポールはすかざず彼女をハグ。会場のファンから黄色い歓声が上がった。

アントマンの魅力について聞かれた溝端さんは「親しみやすいヒーローかなと思いますね。娘のために頑張るお父さんですし、ちょっと冴えないところもいいですよね」と等身大のヒーローである点をあげた。
小杉さんは「本編見たらアントマンがヒーハー!って言っていて、これは完全にパクられたな」と自身の持ちネタを絡めつつ会場の笑いを誘うと、ポールさんは「ヒーハー!は君のだ。僕がヒーハー!を言うときは毎回君にオマージュを捧げているんだ」と素敵なコメントを披露。そのサービス精神に小杉さんが感動する一幕も飛び出した。最後は会場全員の掛け声と共にアント隊がパネルを使った文字を作る演出で盛り上げ、ジャパン・プレミアは華やかに幕を閉じた。
[高橋克則]

映画『アントマン』
9月19日(土)2D/3Dロードショー
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集