鳥取砂丘にBB-8とXウィングが再現 「スター・ウォーズ」砂のアート登場へ | アニメ!アニメ!

鳥取砂丘にBB-8とXウィングが再現 「スター・ウォーズ」砂のアート登場へ

ニュース

「BB-8は見た!」/『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』- (C) 2015Lucasfilm-Ltd.-&-TM
  • 「BB-8は見た!」/『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』- (C) 2015Lucasfilm-Ltd.-&-TM
  • 「BB-8は見た!」/『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』- (C) 2015Lucasfilm-Ltd.-&-TM
  • 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』- (C) 2015Lucasfilm-Ltd.-&-TM
  • 赤いライトセーバーを握る謎のキャラクター「カイロ・レン」/『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』-(C) 2015Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved
  • ハン・ソロ&チューバッカ/『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』- (C) 2015Lucasfilm-Ltd.-&-TM
「第66回さっぽろ雪まつり」から始まり、田んぼアート、青森ねぶた祭りと、日本各地で盛り上がりを見せている『スター・ウォーズ』。最新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の公開まで約3か月となったいま、鳥取砂丘に“砂のスター・ウォーズ”が誕生することが判明。壮大な世界観を表現したデザイン画が公開された。

全容は未だ厚いベールに包まれ、さまざまな憶測が飛び交っている本作。昨年末の特報第1弾や、4月の「スター・ウォーズ・セレブレーション」にて発表された特報第2弾、7月のコミコンで発表された“愛情溢れる”メイキングなど、最新映像や新キャスト情報、さらに“ファミリー”のようなキャストたちの動向が明らかになるたび、その熱狂はすぐさま世界中を駆け巡り、大きな注目を集めてきた。

2015年に入り“STAR WARS YEAR”の盛り上がりは、2月に北海道で開催された「第66回さっぽろ雪まつり」の「雪のスター・ウォーズ大雪像」、4月に、最高“6時間待ち”という現象も生み出した「スター・ウォーズ展 未来へつづく、創造のビジョン。」、6月に世界初の公式アートとして新キャラクターBB-8も描かれた青森県田舎館村の田んぼアート、8月に「スター・ウォーズのねぶた」が青森ねぶた祭りに初参加、そして先日9月4日の“FORCE FRIDAY”ではついに『スター・ウォーズ』の新商品が全世界で同時発売されるなど日本のみならず世界中でスター・ウォーズ旋風が巻き起こっている。

そんな中、鳥取砂丘の入口にある、鳥取砂丘市営駐車場に“砂のスター・ウォーズ”が出現する。本作に登場する“萌えドロイド”BB-8や、Xウィングやタイ・ファイターといった人気の戦闘機も再現されている。

今回の砂像を制作するのは、鳥取砂丘砂の美術館総合プロデューサーである茶圓勝彦氏。茶圓氏は、鹿児島県南さつま市出身の、砂像彫刻家で数々のプロデュース歴を持ち、WSSA(World Sand Sculpting Academy)主催の砂像世界選手権シンガポール大会では優勝を果たすなど、砂像制作の第一人者として、世界各国で活動を行っている。

世界で初めてルーカス・フィルムが公認し、ウォルト・ディズニーがそのデザインの監修に携わって誕生した“砂のスター・ウォーズ”。160トンの砂を使用し、水の使用量は100トン。現在、制作中の“砂のスター・ウォーズ”は10月5日(月)に完成予定だ。

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』は12月18日(金)より全国にて公開。

BB-8&戦闘機Xウィングを再現!鳥取砂丘に『スター・ウォーズ』砂のアート登場

《text:cinemacafe.net》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集