音楽劇「金色のコルダBlue♪Sky First Stage」、生演奏とキャストの動きがシンクロする青春劇 | アニメ!アニメ!

音楽劇「金色のコルダBlue♪Sky First Stage」、生演奏とキャストの動きがシンクロする青春劇

連載・コラム

音楽劇「金色のコルダBlue♪Sky First Stage」(C)星奏学院オーケストラ部 (C)音楽劇「金色のコルダBS」製作委員会
  • 音楽劇「金色のコルダBlue♪Sky First Stage」(C)星奏学院オーケストラ部 (C)音楽劇「金色のコルダBS」製作委員会
  • 音楽劇「金色のコルダBlue♪Sky First Stage」(C)星奏学院オーケストラ部 (C)音楽劇「金色のコルダBS」製作委員会
  • 音楽劇「金色のコルダBlue♪Sky First Stage」(C)星奏学院オーケストラ部 (C)音楽劇「金色のコルダBS」製作委員会
  • 音楽劇「金色のコルダBlue♪Sky First Stage」(C)星奏学院オーケストラ部 (C)音楽劇「金色のコルダBS」製作委員会
  • 音楽劇「金色のコルダBlue♪Sky First Stage」(C)星奏学院オーケストラ部 (C)音楽劇「金色のコルダBS」製作委員会
  • 音楽劇「金色のコルダBlue♪Sky First Stage」(C)星奏学院オーケストラ部 (C)音楽劇「金色のコルダBS」製作委員会
  • 音楽劇「金色のコルダBlue♪Sky First Stage」(C)星奏学院オーケストラ部 (C)音楽劇「金色のコルダBS」製作委員会
  • 音楽劇「金色のコルダBlue♪Sky First Stage」(C)星奏学院オーケストラ部 (C)音楽劇「金色のコルダBS」製作委員会
高浩美の アニメ×ステージ&ミュージカル談義 連載第140回
[取材・構成: 高浩美]

■ ”音楽劇”と銘打ち、近年では珍しい生演奏で上演

『金色のコルダ』が舞台化される。もともとはコーエーから発売された女性向け恋愛シュミレーションゲームである。発売は2003年、その後同名のマンガが『LaLa』にて連載された。2006年にはテレビアニメ化されており、早くからメディアミックスされている作品だ。実は舞台化は今回が初めてではない。2010年に『金色のコルダ ステラ・ミュージカル』としてミュージカルされている。

今回舞台化されるのは『金色のコルダ3』で2010年にコーエーから発売され、テレビアニメ化は2014年。2016年には『金色のコルダ4』が発売予定である。
前作の『金色のコルダ』から8年経過した設定で、登場人物は一新している。前作は学校内で起こった出来事や恋愛が中心だったが、これは全国から集まる他校のライバルとの交流が描かれており、ゲームとしては攻略が可能である。

これのアニメ版(2014年4月~6月放送『金色のコルダ Blue ♪Sky』)は女性が主人公。幼い時からヴァイオリンを習っていた小日向かなで、思うように伸びず、悩んでいた。そんな時、演奏会に出場したが、そこで差出人不明の手紙を受けとる。その内容はまさに彼女の心を突き刺すものだった。書かれていた言葉に触発され、音楽教育では名門と言われる星奏高校への転校を決意、幼なじみの如月響也と共にオーケストラ部に入り、室内楽部門のコンクールでの優勝を誓う、といった内容だ。

今回の舞台はこの物語がベースとなる。”音楽劇”と銘打ち、近年では珍しい生演奏を入れる、とのことだ。演奏者は若手が中心、フレッシュで勢いのある演奏が期待出来る。よって俳優陣は演奏しないのだが、手にする楽器は全て本物。なお、YAMAHAの協力もあり、手の動きもリアルに演奏しているかのように見せるために楽器指導の方々について日々練習したというから、かなり本格的だ。
音楽シーンもエア演奏だけでなく、いろいろ”秘策”があるようである。見どころはもちろん、対戦校とのコンクール対決。音楽ものであるが、”青春スポ根”的要素もあり、どんな舞台になるのか興味深い。脚本・演出は舞台『戦国無双』や超歌劇『幕末Rock』を手掛けた吉谷光太郎だ。

《高浩美》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集