「NARUTO」がテーマの検定試験が登場 「下忍級」と「中人級」にて12月開催 | アニメ!アニメ!

「NARUTO」がテーマの検定試験が登場 「下忍級」と「中人級」にて12月開催

「第1回NARUTO-ナルト-検定」が12月13日に東京・大阪にて開催される。出題範囲は単行本第1巻から27巻、アニメでは第1話から135話に相当する。

ニュース
この冬、岸本斉史さんが描く人気マンガ『NARUTO-ナルト-』を題材とした検定試験が登場する。「第1回NARUTO-ナルト-検定」と題し、12月13日に東京・大阪にて開催される。ナルトファンには見逃せない検定試験だ。

記念すべき第1回の検定では、主人公ナルトの少年期が出題範囲となる。マンガ単行本では第1巻から27巻、アニメでは第1話から135話に相当する。
試験はマークシート方式にて全100問となり、問題は名シーンから名台詞、術名やキャラクターのプロフィールなど多岐にわたる。『NARUTO』のストーリーを楽しく振り返られるような検定となりそうだ。なおアニメオリジナルストーリーは出題範囲に含まれない。

また実施級は、「下忍級」と「中人級」のふたつが用意される。「下忍級」は登場キャラクターの特徴や大まかなストーリーの流れを把握している人向けで、「中人級」は日常生活でついつい術名を言ってしまうぐらいのよりコアなナルトファン向けたものだ。
さらに合格者には、描き下ろしイラスト入りの合格認定証が贈呈される。受験者は合格できるようしっかり勉強しておきたい。なお不合格であっても、受験者全員に検定オリジナル特典がプレゼントされる。

検定は、2015年12月13日(日)に東京・大阪にて開催。現在、公式サイトで申し込み受け付け中だ。また9月中旬より主要書店店頭及び全国ジャンプショップに設置される願書でも申し込み可能となる。締め切りは2015年11月6日まで。受験料は下忍が4500円、中忍が5600円、下忍・中忍併願が9000円となる(全て税込み)。
『NARUTO』を題材とした今回の検定試験……ナルトファンはその愛が本物か是非チャレンジしてみたい。
《沖本茂義》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集