東京国際映画祭 2015年は六本木、さらに新宿の3大シネコンも会場に | アニメ!アニメ!

東京国際映画祭 2015年は六本木、さらに新宿の3大シネコンも会場に

イベント・レポート

(C)2015 TIFF
  • (C)2015 TIFF
  • (C)創通・サンライズ
2015年10月22日から31日まで、東京国際映画祭2015が開催される。今年で30周年を迎える映画祭は、アジアを代表する映画祭として世界からも注目される。2015年は開催期間もこれまでの9日間から10日間に拡大し、上映本数の増加も目指して意欲的に取り組む。
7月28日には、東京・六本木で映画祭の記者会見も開催された。映画祭の顔となるオープニング作品や特集企画、それに国境を越えて3人の監督がオムニバス映画を制作する「アジア三面鏡」の企画が紹介された。これに参加する、行定勲監督、プリランテ・メンドーサー監督、ソト・クォーリーカー監督が登壇した。

映画祭のディレクター・ジェネラルを務める椎名保氏は、東京国際映画祭について「映画人だけでなく一般の人でも楽しめるものを目指す。東京が他の映画祭とは違う方向性を持てるのでないか」と説明した。
これを受けて映画祭は2014年より、コンペティティブ部門だけでなく、特集上映に力をいれている。アニメーションもそのひとつで、昨年は庵野秀明特集、そして2015年は機動戦士ガンダム特集を組む。さらに今年は寺山修司生誕80年、生誕100年オーソン・ウェルズ、追悼特集「高倉健と生きた時代」など気になる企画が目白押しだ。

一方コンペティションを中心とした主要部門も、新たな動きがある。コンペが繰り広げられるコンペティション部門、アジアの未来部門、日本映画スプラッシュ部門はこれまでどおりだが、ショーケースには特別招待部門、ワールドフォーカス部門に新たにパノラマ部門、Japan Now部門が加わった。
パノラマ部門は日本公開前のバラエティ豊かな作品を集める。人間ドラマ、ホラー、アニメーションなどが挙がっておりエンタテインメント色が強そうだ。Japan Now部門は過去1年間の日本映画を振り返るという。日本映画のいまを切りとる企画になりそうだ。このほか日本映画クラシック部門を新設されたことから、過去から現在までの日本映画の海外発信がより強く打ち出された。
現時点で国内アニメ、洋画アニメーションでは、ガンダムシリーズ以外の上映は発表されていない。しかし、2014年と同様に国内外のアニメーションが期待できそうだ。

一般の人でも楽しめる映画祭の方向性は、開催会場の再編にも表れている。2014年の六本木及び築地の歌舞伎座は変わらないが、昨年会場だった日本橋でなく新宿が別会場となる。しかも、新宿の大型シネコン3つ、TOHOシネマズ新宿、新宿ピカデリー、新宿バルト9を使用するというからアクセスの面でも映画ファンにはうれしい。京橋の東京国立近代美術館フィルムセンターも会場のひとつ。
また国際コンテンツマーケットのTIFFCOMも10月20日から22日の3日間の予定で開催する。こちらはお台場のホテルグランパシフィック LE DAIBAが会場。
全体では都内各所での分散開催の色合いが強くなっている。それは裏返せば、映画祭が外に向けて広がりをみせていることでもある。すでに国際映画祭のなかでは老舗になりつつある東京国際映画祭のさらなる飛躍が期待されている。

第28回東京国際映画祭
開催期間: 10月22日(木)~ 10月31日(土)
会場: 六本木ヒルズ(港区)他
併設マーケット:TIFFCOM2015
開催期間: 10月20日(火)~10月22日(木)
会場: ホテルグランパシフィック LE DAIBA(台場)

[/アニメ!アニメ!ビズ/www.animeanime.bizより転載記事]
《アニメ!アニメ!ビズ/www.animeanime.biz》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集