映画「BORUTO」 入場者プレゼント「ナルトが火影になった日」一部が公開 | アニメ!アニメ!

映画「BORUTO」 入場者プレゼント「ナルトが火影になった日」一部が公開

ニュース

映画「BORUTO」 入場者プレゼント「ナルトが火影になった日」一部が公開
  • 映画「BORUTO」 入場者プレゼント「ナルトが火影になった日」一部が公開
8月7日の全国公開を目前に控えた映画『BORUTO -NARUTO THE MOVIE-』より、入場者プレゼントの新情報が明らかになった。これまで原作マンガでは、物語の核心のひとつであるナルトが火影になったエピソードが描かれていなかった。
これを今回来場者プレゼントの「“NARUTO-ナルト- [秘伝・在の書]オフィシャルムービーBOOK”」に収録することになり、大きな話題を呼んでいる。その岸本斉史による描きおろしマンガ『ナルトが火影になった日』の内容が一部公開となった。「少年ジャンプ」誌面にすら掲載されたことのない貴重なマンガだ。

一部先行公開されたページには、ナルトが火影就任式に現れた姿が。しかしそこにはいつもの調子とは違うナルトとカカシ先生の不安げな顔が映っている。何か様子がおかしいが、これだけでは内容を推し量るのは難しいところ。今回公開されたのは2ページ弱といったところだが、17ページという大ボリュームのページ数に渡って描かれているという。
なお、マンガのタイトルにもなっている“火影”とは、ナルトが幼き頃から夢に抱いてきた、木ノ葉隠れの里を護る長のこと。その夢を掴んだナルトの姿が確認できるようだ。

また描き下ろしマンガの他にも、全世界が熱狂した「NARUTO-ナルト-」最終話700話がフルカラーで掲載する。
製作総指揮の岸本斉史が「もうこれ以上のものは描けない」と断言する今作。シリーズ最高傑作の本編と「もうこれ以上のものはプレゼント出来ない」NARUTOファン垂涎の永久保存版入場者特典は、どちらも見逃す手はないはずだ。

この特典は全国合計200万名限定となっている。200万と聞くと多いようにも思えるが、昨今の「NARUTO-ナルト-」人気を考えると、いつ配布が終了しても不思議ではない。
例えば2014年12月6日(土)に全国公開された映画『THE LAST -NARUTO THE MOVIE-』は歴代最高の興行収入19.8億円(6月30日時点)を突破する大ヒットを記録している。今回の『BORUTO -NARUTO THE MOVIE-』が同様の人気を集めることも、充分に考えられる。8月7日(金)以降は、早めに劇場へ足を運ぶようにしたい。

『BORUTO -NARUTO THE MOVIE-』
(C)岸本斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ(C)劇場版BORUTO製作委員会 2015
《ユマ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集