「アニメ(ーター)見本市」サードシーズンのラインナップ発表 ロボット、ファンタジー、ウルトラマンなど11作品 | アニメ!アニメ!

「アニメ(ーター)見本市」サードシーズンのラインナップ発表 ロボット、ファンタジー、ウルトラマンなど11作品

ニュース

「アニメ(ーター)見本市」
  • 「アニメ(ーター)見本市」
ドワンゴとカラーの連続短編企画「日本アニメ(ーター)見本市」サードシーズンのラインナップが発表された。ロボット、ファンタジー、さらにはウルトラマンなど多彩なジャンルの全11作品が揃った。一部の作品は7月25日より劇場先行上映される。
それに伴い、7月24日からはセカンドシーズンの楽曲配信がスタート。9月9日発売のサウンドトラック第2弾「ドワンゴ/スタジオカラー オリジナルBGMシリーズ『日本アニメ(ーター)見本市の世界』」の収録内容も一部明らかになった。

「日本アニメ(ーター)見本市」はサードシーズンもユニークな作品が集結した。作品の詳細は不明だが、タイトルとクリエイターが明かされている。
そのラインナップは、山本沙代「Endless night(仮)」、小林浩康「カセットガール」、片山一良「タイトル未定」、中澤一登「コント ころしや 1989」、横山彰利「ザ・ウルトラマン」、櫻木優平「新世紀いんぱくつ。」、沖浦啓之「旅のロボから」、舞城王太郎×前田真宏「ハンマーヘッド」、吉浦康裕「ヒストリー機関」、なかむらたかし「ブブとブブリーナ」、吉崎響「タイトル未定」の全11作品となっている。今回もクオリティの高い映像を楽しむことができそうだ。
7月25日からは全国10館の映画館で「日本アニメ(ーター)見本市」の劇場上映が行われる。こちらはファーストシーズンの全12作品に加え、サードシーズンの中から「ハンマーヘッド」「コント ころしや 1989」「ブブとブブリーナ」の3作品を先行公開する。作品をいち早く堪能することができる見逃せない機会となった。

7月24日にはセカンドシーズンの音源配信がスタート。通常音源に加えて、CDを上回る情報量を持つハイレゾ音源での配信も予定されている。配信サイトなどの詳細は公式サイトを確認してほしい。
そして9月9日にはサウンドトラック第2弾「ドワンゴ/スタジオカラー オリジナルBGMシリーズ『日本アニメ(ーター)見本市の世界』」をリリース。第13話「Kanon」から第24話「神速のRouge」までの音楽をほぼすべて収録した充実の内容である。価格は初回限定特別装丁盤が2200円、通常盤が1800円(すべて税抜)となる。
[高橋克則]

「日本アニメ(ーター)見本市」
http://animatorexpo.com/
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集