「多摩美映像フェスティバル」がアキバで開催 多摩美卒業生の短編作品を一挙上映 | アニメ!アニメ!

「多摩美映像フェスティバル」がアキバで開催 多摩美卒業生の短編作品を一挙上映

ニュース

多摩美術大学の創立80周年を記念した「多摩美映像フェスティバル in アキバタマビ21」が7月25日から9月6日にかけて開催される。会場は東京・秋葉原のアートスペース・アキバタマビ21、若い才能を日本のポップカルチャーの中心地から発信する。
フェスティバルは多摩美術大学を卒業した若手クリエイターの映像作品を一挙上映する企画だ。アニメーションだけでなくCGや実写など多彩な作品があり、クリエイティブを刺激する機会になりそうだ。

多摩美術大学は映像を表現媒体とした作家や映画監督など、数多くの人材を輩出してきたことで知られている。アニメーション関係者にも同大学出身者は多い。企画展「多摩美映像フェスティバル in アキバタマビ21」では、卒業後も映像制作を続けるクリエイターたちの短編を中心に、選りすぐりの映像作品を上映する。
ラインナップは、映像領域を専攻する造形表現学部映像演劇学科の作品はもちろん、美術学部絵画学科日本画専攻・油画専攻・版画専攻、彫刻学科、グラフィックデザイン学科、情報デザイン学科と、各学部から集結した約30作品だ。映像ジャンルも、アニメーション、実写、MV、CG、シネカリと多様性に富んでおり、様々な表現が提示されることになる。多摩美の映像を解き明かす格好の機会と言えるだろう。

開催期間中にはトークイベントも行われる。目玉は8月21日開催の「フェスティバル実行委員長・竹中直人の激熱スペシャルトーク!」である。
竹中さんは多摩美の卒業生で、現在はグラフィックデザイン学科の客員教授を務めている。俳優、映画監督、声優など多彩な一面を持つ竹中さんがどのようなトークを繰り広げるのだろうか。

また「ディレクターズ・トークバトル」では多摩美の教授陣と各学科の参加作家が激論を繰り広げる予定だ。
第1回の8月1日には日本画専攻の岡村桂三郎教授、油画専攻の栗原一成准教授、グラフィックデザイン学科の野村辰寿教授、第2回の8月8日は版画専攻の古谷博子教授、彫刻学科の水上嘉久教授、情報デザイン学科の佐々木成明准教授、第3回の8月22日は映像演劇学科の石田尚志准教授が登壇する。
[高橋克則]

アキバタマビ21
http://akibatamabi21.com/

「多摩美映像フェスティバル in アキバタマビ21」
期間: 2015年7月25日(土)~2015年9月6日(日)
時間: 12:00~19:00(金・土は20:00 まで)火曜休場
※夏期休場 8月13日(木)~16日(日)
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集