「リトルプリンス 星の王子さまと私」 伊勢谷友介、滝川クリステルらが声優挑戦 | アニメ!アニメ!

「リトルプリンス 星の王子さまと私」 伊勢谷友介、滝川クリステルらが声優挑戦

ニュース

(C)2014 LPPTV - Little Princess - ON Entertainment - Orange Studio - M6 Films
  • (C)2014 LPPTV - Little Princess - ON Entertainment - Orange Studio - M6 Films
  • (C)2014 LPPTV - Little Princess - ON Entertainment - Orange Studio - M6 Films
  • (C)2014 LPPTV - Little Princess - ON Entertainment - Orange Studio - M6 Films
  • (C)2014 LPPTV - Little Princess - ON Entertainment - Orange Studio - M6 Films
2015年、児童文学の名作『星の王子さま』が長編アニメーション映画として登場する。『リトルプリンス 星の王子さまと私』と題し、国内では2015年11月に全国公開を予定だ。
全世界から注目される作品にふさわしく、日本語版のキャストも個性的な役者が起用されている。これまでに鈴木梨央さん、瀬戸朝香さん、津川雅彦さん、ビビる大木さんの参加が発表された。そしてこのたび新キャスト陣が発表された。キツネ役に伊勢谷友介さん、バラ役に滝川クリステルさん、ヘビ役に竹野内豊さんが決定した。

キツネ役に抜擢された伊勢谷さんは、星の王子さまに“友情”を教え「大切なものは、目には見えない」と諭す重要な役どころを担う。また2006年に放映されたアニメーション映画『鉄コン筋クリート』以来9年ぶりの声優挑戦となる。
本作について伊勢谷さんは「本だけ読むよりも『星の王子さま』という物語が理解できるようになると思います。まだ読んだことがないお子さん、過去に読んだけどどんなテーマだったか忘れてしまった大人の方、全世代の方に観ていただきたいです」とコメントを発表した。

また星の王子さまに“愛”を教えるバラ役には、原作者と同じフランス出身の滝川クリステルさんが選ばれた。うっとりとするような艷のある声を持つ滝川さんは、物語のヒロインであるバラ役にピッタリだ。
キャストに選ばれた感想を滝川さんは「幼い頃からずっと一緒にいる大切な本が原作なので、とても嬉しかったです。バラ役は物語の大事な役どころでもあるので、プレッシャーも感じましたが、すぐにお返事をさせていただきました」と喜びに満ちた様子で語っている。

そして砂漠で星の王子さまに怪しげに近づくヘビ役には、竹野内豊さんが選ばれた。経験豊かな俳優である竹野内さんだが、声優への挑戦は今回が初となる。竹野内さんは「スクリーンに合わせて声を出すことが難しく、初めての雰囲気に慣れるだけでも時間がかかりました」と声優初挑戦の感想を語った。
また作品の見どころを「監督が頭じゃなくて心で映像を作られている方なんだなという印象を受けました。どの世代の方も劇場の大きなスクリーンでこの映画を観られる貴重な機会を是非お楽しみください!」とアピールした。

英語オリジナル版に負けず劣らず個性的なな日本語吹替声優が結集した『リトルプリンス 星の王子さまと私』。国内では11月21日全国ロードショーだ。

『リトルプリンス 星の王子さまと私』
2015年11月21日 全国ロードショー
http://www.littleprince.jp
《沖本茂義》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集