“シュワ”と“ロボニャン”がレッドカーペットで出会う 「ターミネーター」と「妖怪ウォッチ」がコラボ | アニメ!アニメ!

“シュワ”と“ロボニャン”がレッドカーペットで出会う 「ターミネーター」と「妖怪ウォッチ」がコラボ

7月10日全国公開の『ターミネーター:新起動/ジェニシス』が『妖怪ウォッチ』とコラボレーションする。7月6日のジャパンプレミアで・シュワルツェネッガーとロボニャンが対面する。

ニュース
(c)2015 Paramount Pictures. All Rights Reserved.(c)L5/YWP・TX
  • (c)2015 Paramount Pictures. All Rights Reserved.(c)L5/YWP・TX
7月10日全国公開の映画『ターミネーター:新起動/ジェニシス』が人気アニメ『妖怪ウォッチ』とコラボレーションした。公開直前となる7月6日に東京・六本木ヒルズ・アリーナでジャパンプレミアが開催されるが、ここで驚きの企画が実現する。
レッドカーペットに姿をみせる主演アーノルド・シュワルツェネッガーが、『妖怪ウォッチ』のロボニャンと対面することになる。国境を越えた人気者のコラボレーションに大きな注目が集まりそうだ。

「ターミネーター」シリーズは全世界累計興行収入約1680億円以上、日本でも累計興行収入220億円を超えるSFアクション映画の金字塔。『ターミネーター:新起動/ジェニシス』では、アーノルド・シュワルツェネッガーが再び姿を見せるのが話題だ。
一方、『妖怪ウォッチ』は、2014年以来国内で大ブームを巻き起こしている。原作ゲームの出荷本数がシリーズ累計750万本を突破、2014年12月公開の『映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!』も興行収入77億円超を記録した。

今回ジャパンプレミアに出席するロボニャンは未来からやってきたロボット妖怪である。ジバニャンが進化したテクノロジーと融合したことで生まれ、シュワルツェネッガーが演じるT-800ターミネーターのようなクールな声を持つ。
さらに『ターミネーター』を彷彿とさせる登場シーンや、決めゼリフが「アイルビーバック!」であることなど、T-800へのオマージュが注ぎ込まれている。まさにぴったりの競演である。

『妖怪ウォッチ』の生みの親であるレベルファイブ代表取締役社長/CEOの日野晃博氏は「どんなピンチの時も必ず守ってくれるT-800ターミネーターは、今でも私のヒーローです。まさかあのアーノルド・シュワルツェネッガーさんに、ロボニャンがお会いできるなんて思ってもみませんでした。彼もきっと喜んでいると思います」と、この夢の企画についてコメントする。
ロボニャンも「晴れの舞台に招いて頂き光栄だ。もし戦う事になっても負ける気がしないが、ハリウッド映画とやらに私も出演できるのか、交渉してみようと思う。レッドカーペットでまた会おう!アイルビーバック!」と意気込みを見せる。
[高橋克則]

『ターミネーター:新起動/ジェニシス』
7月11日(土)全国ロードショー
http://www.terminator-movie.jp/
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集