TSUTAYAが映画企画書を募集 グランプリは資金援助から流通まで全面サポート | アニメ!アニメ!

TSUTAYAが映画企画書を募集 グランプリは資金援助から流通まで全面サポート

ニュース

TSUTAYが映像クリエイターの発掘、育成に乗り出す。才能あふれるクリエイターを発掘するための支援プログラム「TSUTAYA CREATOR'S PROGRAM」を発表した。
「TSUTAYA CREATOR'S PROGRAM」では“名作のタネ”となる映像企画を公募する。グランプリ受賞者には、資金援助からレンタル・販売などの流通まで、クリエイターを総合的にサポートする。

TSUTAYA CREATOR'S PROGRA(以下、TCP)は、クリエイターの発掘と育成を目的に開始した。TCPの第1弾では、良質な映画を生み出すべく映像化可能な企画書を募集する。
60分以上となる長編の実写映像の企画であれば、プロ・アマ、年齢など制限なく誰でも応募できる。本編でなく企画書であるのがポイントだ。

グランプリ受賞者には、企画実現のため全面的にバックアップする。グランプリ1作品、準グランプリ2作品の合計3作品を選考し、上限5000万円の製作費を援助する。
さらに完成した作品は、全国のTSUTAYA店舗をはじめ、ネット宅配レンタル「TSUTAYA DISCAS」や動画配信サービス「TSUTAYA TV」にて独占展開される。発表の場も用意する。
また作品制作のためにクラウドファンディングが実施される。モール型クラウドファンディングサービス「GREEN FUNDING」と連動し、T会員をはじめとした映画ファンから製作資金を広く募る。

審査の流れについては、応募企画を提出する第1次審査、シナリオ・絵コンテ、最終審査用の5分映像を提出する第2次審査、そして企画のプレゼンテーションを行う最終審査がある。最終審査には、映画監督の谷健太郎氏や本木克英氏など、映画界で第一線で活躍するクリエイターが携わる。

募集期間は2015年6月16日から8月16日まで。エントリーの詳細は、公式サイトで確認できる。

TSUTAYA CREATOR'S PROGRAM
http://top.tsite.jp/special/tcp2015
《沖本茂義》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集