「ジュラシック・ワールド」全世界興収が5億ドルを突破 日本公開は8月5日に | アニメ!アニメ!

「ジュラシック・ワールド」全世界興収が5億ドルを突破 日本公開は8月5日に

『ジュラシック・ワールド』のオープニング週末3日間の興行成績が、全世界合計で5億1180万ドルを突破したことが明かされた。

ニュース
「ジュラシック・ワールド」全世界興収が5億ドルを突破 日本公開は8月5日に
  • 「ジュラシック・ワールド」全世界興収が5億ドルを突破 日本公開は8月5日に
  • 「ジュラシック・ワールド」全世界興収が5億ドルを突破 日本公開は8月5日に
  • 「ジュラシック・ワールド」全世界興収が5億ドルを突破 日本公開は8月5日に
スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務める『ジュラシック・パーク』シリーズの最新作『ジュラシック・ワールド』は、全米で6月12日(金)より満を持して公開された。本作のオープニング週末3日間の興行成績が、全世界合計で5億1180万ドルという驚異的な数字を残したことが明らかになった。

世界オープニング週末成績の5億ドル突破は、これまでの映画史上初めてとなる記録だ。過去の歴史を振り返ってみても、これまで1位だった2011年の『ハリー・ポッターと死の秘宝パート2』が4億8320万ドルだったため、約3,000万ドルも上回ったことになる。また、2015年に公開された『ワイルド・スピード SKY MISSION』は3億9760万ドル、『アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン』は3億9250万ドルであり、やはりこちらも大きな差を付けている状態だ。
アメリカ国内においても、12日~14日の週末3日間で公開された映画作品の全体興収のうち、なんと77%が本作の興収という断トツの数字で2億460万ドルを叩き出しており、今後もさらなる大ヒットが見込まれている。

また、すでに公開を迎えたイギリス、フランス、韓国、中国などに続き、8月に公開を控えた日本にも早くも大きな期待が注がれているが、国内に関しても嬉しいニュースが届いた。公開初日を8月5日(水)に変更することが決定したのである。元々8月7日公開予定だったので、2日早まったことになる。一刻も早く見たいというファンにとっては、これ以上ない発表だろう。

なお、世界で上映されている劇場の約半分が3D方式で上映されるほか、天井から床までの大画面で上映するIMAX上映も、本作を大迫力の臨場感で体験したい観客たち高い集客力に繋がる結果になっているという。観客の男女比はほぼ5:5で、男性52%に対し女性48%。さらに、年代別にみると25歳以下が39%いることから、いわゆる“ジュラシック”世代ともいえる30代40代のみならず、これまでのシリーズを知らなかった若者層も取り込んでいるとのこと。まさに夏休みのファミリー映画としても最高のスタートを切ったと言える。

『ジュラシック・ワールド』公式サイト
http://www.jurassicworld.jp/
《ユマ》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集