「クレヨンしんちゃん」  駒沢オリンピック公園でメキシコのお祭り「シンコ・デ・マヨ」に参加 | アニメ!アニメ!

「クレヨンしんちゃん」  駒沢オリンピック公園でメキシコのお祭り「シンコ・デ・マヨ」に参加

ニュース

アニメ『クレヨンしんちゃん』が、5月9日から10日の2日間開催されるイベント第2回シンコ・デ・マヨ in 駒沢オリンピック公園とコラボレーションする。
開催2日目の5月10日に、しんちゃんの着ぐるみがやってくる。イベントに訪れたお客と交流を深める。しんちゃんらしい、家族連れも楽しめる企画となっている。

「シンコ・デ・マヨ」は、メキシコの戦勝記念日のことだ。1862年のプエブラの会戦で、アメリカ大陸に侵攻してきたフランス軍をわずか半分のメキシコ軍が勝利をおさめた5月5日をお祝いする。
現在はメキシコ国内だけではなく、アメリカ大陸の各地でも祝われている。日本では駒沢オリンピック公園で行う。2014年に初めて行われた第1回開催時には6万人を動員した。

そんなお祭りとしんちゃんの意外なコラボは、現在公開中の映画最新作『クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃』がメキシコを舞台としていることから実現した。イベントではしんちゃんと一緒にダンスや写真撮影などを楽しむことができる。

第2回シンコ・デ・マヨ in 駒沢オリンピック公園ではメキシコの演奏楽団・マリアッチによるミュージック・パフォーマンスや、メキシコ人シェフが本場の味を実演する料理ワークショップなど、多彩なプログラムをラインナップした。
子供向けには、伸縮性のゴムを使ったバーバンジー(逆バンジー)コーナーや、ポニー乗りの体験広場が用意されている。さらにメキシコ文化を体感できるピニャータ割りも開催。お菓子やおもちゃなどを詰めた紙製のくす玉・ピニャータを、目隠しをした子供たちが棒で叩いて割るというゲームは思い出作りに最適だ。

大人向けには、太陽の名を持つメキシコのSOLビールを販売。そのほかタコス、アボカドディップ、バッファローウィングなどの料理もあり、メキシコと南米の文化を満喫できる催しとなる。
『クレヨンしんちゃん』をきっかけに、メキシコの文化を知るよい機会ともなりそうだ。
[高橋克則]

「第2回シンコ・デ・マヨ in 駒沢オリンピック公園」
https://www.facebook.com/cincodemayoinKomazawa

日時: 2015年5月9日、10日10:00~20:00
会場: 駒沢オリンピック公園 中央広場
入場料: 無料
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集