『赤髪の白雪姫』TVアニメ化15年夏放送 「月刊LaLa」の人気作をボンズが映像化 | アニメ!アニメ!

『赤髪の白雪姫』TVアニメ化15年夏放送 「月刊LaLa」の人気作をボンズが映像化

白泉社「月刊LaLa」で人気のマンガ『赤髪の白雪姫』がTVアニメ化される。数々の傑作を世に届けてきたボンズがアニメーション制作を担当し、2015年夏に放送される。

ニュース
注目記事
白泉社「月刊LaLa」で人気のマンガ『赤髪の白雪姫』が、テレビアニメ化されることになった。数々の傑作を世に届けてきたボンズがアニメーション制作を担当し、2015年夏に放送される。
『赤髪の白雪姫』は、あきづき空太が2006年に発表、その後「LaLaDX」を経て、現在は「月刊LaLa」で連載中だ。主人公で赤い髪を持つ少女の白雪。彼女が王国の王子に見初められ、愛妾にされかかったことから国を出て、そこで隣国の王子に助けられたことから話が始まる。ファンタジーとロマンたっぷりのストーリーである。現在、既刊は12巻まで、累計170万部を突破している。

注目されるのは、豪華なスタッフだ。アニメーション制作のボンズは『鋼の錬金術師』『エウレカセブン』などの代表作があり、ハイクオリティが持ち味だ。SFや少年ものでお馴染みのボンズだが、女性読者の多い「LaLa」の作品では『桜蘭高校ホスト部』『獣王星』のアニメ化も手掛けている。いずれも傑作だ。
監督は『花咲くいろは』や『CANAAN』『ストレンヂア 無皇刃譚』などの安藤真裕、シリーズ構成に『ノラガミ』の赤尾でこ、キャラクターデザインは『桜蘭高校ホスト部』の高橋久美子である。音楽の大島ミチルも含めて、ファンの期待を高めるのに十分な布陣だ。

またキャストも主人公の白雪と、彼女と恋に落ちる隣国の王子ゼンが発表されている。白雪役には『山田くんと7人の魔女』白石うらら役で注目を浴びる早見沙織、ゼン役には『白銀の意思 アルジェヴォルン』ススム・トキムネ役の逢坂良太が起用された。
いずれも若手の注目株だけに、今回もフレッシュかつ確かな演技が期待される。個性的なキャラクターが多い作品だけに今後のさらなる声優陣の参加も期待される。

[あらすじ]
「赤い髪を持つ少女・白雪は、タンバルン王国のラジ王子に見初められ、愛妾にされかかり、国を出る。
たどり着いた森で、隣国の第二王子・ゼンに助けられた白雪は、彼の国・クラリネス王国の宮廷薬剤師として働き始める。
やがて想いを通い合わせていく白雪とゼン。王子と薬剤師という二人だが、たくさんの出会いや出来事を経て
更に絆を深め、二人を認める人物は少しずつ増えていく――…。」

アニメ『赤髪の白雪姫』
/http://clarines-kingdom.com

[スタッフ]
監督: 安藤真裕
シリーズ構成: 赤尾でこ
キャラクターデザイン: 高橋久美子
音響監督: 若林和弘
音楽: 大島ミチル
アニメーション制作: ボンズ

[キャスト]
白雪: 早見沙織
ゼン: 逢坂良太

広告の後にも続きます
アニメ『赤髪の白雪姫』
(c)あきづき空太・白泉社/「赤髪の白雪姫」製作委員会
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集