「ハンガー・ゲーム」最終章公開時期決定「FINAL: レジスタンス」「FINAL: レボリューション」の2部作 | アニメ!アニメ!

「ハンガー・ゲーム」最終章公開時期決定「FINAL: レジスタンス」「FINAL: レボリューション」の2部作

ニュース

TM&(C)2014 LIONS GATE FILMS INC.ALL RIGHTS RESERVED.
  • TM&(C)2014 LIONS GATE FILMS INC.ALL RIGHTS RESERVED.
世界中の若者を熱狂の渦に巻き込んだ映画「ハンガー・ゲーム」シリーズ最終章の邦題と日本上陸時期が明らかにされた。1月26日に最終作『The Hunger Games: Mockingjay - Part 1』『The Hunger Games: Mockingjay - Part 2』のタイトル、『ハンガー・ゲーム FINAL: レジスタンス』と『ハンガー・ゲーム FINAL: レボリューション』であると発表された。
公開時期は『FINAL: レジスタンス』2015年6月、と『FINAL: レボリューション』は2015年冬となる。配給はKADOKAWAが手がける。

「ハンガー・ゲーム」は、独裁国家に支配されるようになった近未来のアメリカを舞台とする。そこではキャピトルと呼ばれる選ばれた市民が、12地区の住民を苦しめていた。さらに毎年1回12地区から選ばれた男女が殺し合うハンガー・ゲームを実施していた。
シリーズはこれまで前2作があり、第一作では主人公のカットニスとピーターがハンガー・ゲームを勝ち残るまでを描いた。第二作では再びハンガー・ゲームに駆りだされたカットニス、そして世界を取り巻く状況の急変がテーマになる。

そこから続くのが『ハンガー・ゲーム FINAL』である。壮大なプロットゆえ、最終章は2本に分けて映画となる。それが今回の2本である。
ここではキャピタルに対する反乱の火の手が広がり、カットニスは様々な出来事に遭遇する新たな状況が描かれる。カットニスの運命は、そして世界はどう変わっていくかが見どころだ。
2014年に米国で公開された『FINAL: レジスタンス』は、初週末興収1億2300万ドル(約144億円))を記録し、3週連続で圧倒的な成績を残した。最終的には米国だけで3億3000万ドルを超える数字を記録している。

最終章でも注目は、カットニスを演じるジェニファー・ローレンスだ。いまやハリウッドを代表するアクション映画のヒロインの地位を確立した。“最も興行成績を上げたアクション映画のヒロイン”としてギネス世界記録に認定されるほどだ。
さらにジュリアン・ムーアのシリーズ初参戦にも話題が集まっている。『ハンガー・ゲーム FINAL: レジスタンス』、そして今冬公開の『ハンガー・ゲーム FINAL: レボリューション』と今後も目が離せない。

『ハンガー・ゲーム FINAL: レジスタンス』
6月TOHOシネマズみゆき座他全国ロードショー
TM&(C)2014 LIONS GATE FILMS INC.ALL RIGHTS RESERVED.
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集