第18回文化庁メディア芸術祭 上映会やシンポジウムのラインナップ発表、受付開始 | アニメ!アニメ!

第18回文化庁メディア芸術祭 上映会やシンポジウムのラインナップ発表、受付開始

ニュース

2月4日から始まる第18回文化庁メディア芸術祭は、期間中の上映会やトーク、シンポジウムのラインナップを発表した。合わせて事前予約が必要なイベントの登録も開始した。
第18回文化庁メディア芸術祭は、アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門に分かれ、71ヶ国・地域の3853作品から選ばれた受賞作品を展示、上映する。会場は国立新美術館、シネマート六本木、スーパー・デラックスなどで受賞作品を中心に展示やイベントを開催する。プログラムは全て無料で参加できる。

上映はアニメーション作品が多く、海外の短編から『たまこラブストーリー』や『映画クレヨンしんちゃん「ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん」』など幅広いラインナップとなっている。トーク付きの上映会では監督の話を聞くことができる。
シンポジウムでは『五色の舟』や『愛を喰らえ!』といった受賞作品のプレゼンテーションを開催、他にもワークショップやパフォーマンスなどを開催する予定だ。上映会やシンポジウムは事前の申し込みが必要であり、イベントは2月4日(水)から2月15日(日)までの開催となっている。

第18回文化庁メディア芸術祭
http://j-mediaarts.jp/

<トークイベント>
大賞『The Wound』
新人賞『コップの中の子牛』
日時: 2月4日(水)18:00-20:00 ※短編プログラムAの上映後にトーク
出演: Anna BUDANOVA 大賞『The Wound』
朱 彦潼  新人賞『コップの中の子牛』
古川 タク
モデレーター: 大井 文雄 
言語: 日露逐次通訳

優秀賞『The Sense of touch』
2月5日(木)18:00-19:45 ※短編プログラムCの上映後にトーク
出演: Jean-Charles MBOTTI MALOLO
モデレーター: 和田 敏克
言語: 日仏逐次通訳

優秀賞『PADRE』
2月6日(金) 18:00~19:45
出演:Santiago’Bou’GRASSO
モデレーター: 和田 敏克
言語: 日西逐次通訳

優秀賞『ジョバンニの島』
日時: 2月8日(日)17:30-20:00 ※上映後にトーク
出演: 西久保瑞穂 佐伯知紀

新人賞『たまこラブストーリー』
日時: 2月11日(水・祝)14:30-16:45
出演: 山田尚子
モデレーター: 高橋良輔

優秀賞『映画クレヨンしんちゃん「ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん」』
2月11日(水・祝)17:30-19:55
出演: 高橋渉
モデレーター: 高橋良輔

<功労賞シンポジウム>
「僕は世界中のマンガと共に生きてきた-海外マンガ紹介の第一人者 小野耕世の業績を振り返る-」
日時: 2月7日(土) 11:00-12:30
出演: 小野 耕世 すがや みつる
モデレーター: 椎名 ゆかり 原 正人

「ディズニー・アニメーションの魅力」
会場: 国立新美術館[3階 講堂]
出演: 渡辺 泰 鈴木 伸一
モデレーター: 小出 正志

<マンガ部門受賞者プレゼンテーション>
「マンガを喰らえ!! ~『愛を喰らえ!!』の言葉とロマンス」
日時: 2月8日(日) 12:00-13:30
出演: ルネッサンス吉田 マンガ部門新人賞『愛を喰らえ!!』
すがや みつる 斎藤 宣彦
モデレーター: ヤマダ トモコ

「時代の舟に揺られて」
日時: 2月8日(日) 14:00-15:30
出演: 近藤 ようこ マンガ部門大賞『五色の舟』
李 昆武 マンガ部門優秀賞『チャイニーズ・ライフ』
犬木 加奈子 すがや みつる
モデレーター: ヤマダ トモコ
言語: 日中同時通訳

「イマジネーションの遠心力」
日時: 2月8日(日) 16:00-17:30
出演: いがらし みきお マンガ部門優秀賞『羊の木』
モデレーター: 伊藤 剛

<第18回文化庁メディア芸術祭海外参加事業報告会>
「文化庁メディア芸術祭海外活動報告~グローバル化の中のメディア芸術」
第2部 「メディア芸術の諸相:マンガと日常/マンガの日常」
日時: 2月14日(土) 15:30-17:00
出演: 伊藤 遊 しりあがり寿
モデレーター: 吉岡 洋
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集