押井守映画祭 第二夜は「GHOST IN THE SHELL」編 「Je t'aime」の劇場初上映も | アニメ!アニメ!

押井守映画祭 第二夜は「GHOST IN THE SHELL」編 「Je t'aime」の劇場初上映も

ニュース

池袋の名画座・新文芸坐とアニメ雑誌・アニメスタイルの共同企画「押井守映画祭2015」の第二夜開催が決定した。今回は「GHOST IN THE SHELL」編となり、2月28日に「攻殻機動隊」関連作品などがオールナイト上映される。
イベント当日はGLAY×押井守監督の短編アニメ『Je t'aime』(ジュ・テーム)の劇場初上映に加え、押井監督とアニメーター・西尾鉄也さんのトークショーも行われる。第一夜「機動警察パトレイバー」編の前売券は発売一週間を待たずに完売する好スタートを切っており、第二夜もファンの期待に応える充実の一夜となった。

第二夜の上映作品は、2015年に劇場公開20周年を迎える押井監督の代表作『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』。その続編で絢爛たる映像がファンを魅了した『イノセンス』。森博嗣さんの小説が原作で独特の語り口が印象的な『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』。そして、PVから派生した異色の短編アニメ『Je t'aime(ジュ・テーム)』の四作品だ。
『Je t'aime』はロックバンド・GLAYのプロモーション映像として始まった企画だが、楽曲に合わせる通常のPVではなく、押井監督とGLAYのメンバー双方がアイデアを持ち寄ったコラボレーション作品である。2010年のアヌシー国際アニメーション映画祭などに正式出品されていたが、劇場での上映は試写イベントなどでしか行われておらず、今回のオールナイトが初めてとなる。

本作は押井監督のもと、キャラクターデザイン・絵コンテ・演出・作画監督を西尾鉄也さんが担当。西尾さんは『イノセンス』『スカイ・クロラ』にもメインスタッフとして参加し、その手腕を遺憾なく発揮している。
西尾さんはイベントにも出演し、押井監督とトークを繰り広げる予定だ。押井監督と神山健治監督を迎えた第一夜のトークショーは一時間半にわたる大盛況を見せただけに、今回も多くの秘話が飛び交うことになりそうだ。

前売券は1月24日から新文芸坐とチケットぴあで販売がスタート。価格は前売・友の会2800円、当日3000円となる。往年のファンからビギナーまで楽しめるプログラムに期待したい。
[高橋克則]

新文芸坐
http://www.shin-bungeiza.com/

新文芸坐×アニメスタイルセレクションVol.65
押井守映画祭2015 第二夜「GHOST IN THE SHELL」編
日時: 2015年2月28日(土) 開場22:30/開演22:45(終演予定5:50)
会場: 新文芸坐(東京都豊島区東池袋1-43-5 マルハン池袋ビル3F) TEL.03-3971-9422
料金: 一般当日3000円/前売・友の会2800円
ゲスト: 押井守(監督)、西尾鉄也(キャラクターデザイン・作画監督)
小黒祐一郎(アニメスタイル)、桑島龍一(プランナー&ライター)
作品
『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』(1995年/85分)
『イノセンス』(2004年/99分)
『Je t'aime』(2010年/12分)
『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』(2008年/122分)
※『Je t'aime』はBlu-rayによるHD上映。それ以外は35ミリフィルム上映
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集