タワレコ年間ランキング DVDは3部門でアニメがトップ、OLDCODEX、妖怪ウォッチ躍進 | アニメ!アニメ!

タワレコ年間ランキング DVDは3部門でアニメがトップ、OLDCODEX、妖怪ウォッチ躍進

ニュース

音楽・AV関連グッズの大手販売チェーンであるタワーレコードが、2014年の売上を基にしたベストセラーランキングを発表した。ジャンル別の音楽CD、そしてBlu-ray/DVDの映像など全16部門でランキングを発表している。
ジャンルは邦楽、アニメ、K-POP、サントラ、洋楽、JAZZ、DVDに分かれている。年間邦楽チャート1位はBUMP OF CHICKENの「RAY」だった。映画『寄生獣』の主題歌「パレード」など、映像ファンにもお馴染みの存在だ。上位に輝いた作品は、2014年の音楽、映像の世相を反映したものになっている。

そんなひとつが、映画空前の大ヒットをしたディズニーのアニメーション映画『アナと雪の女王』だろう。サウンドトラック部門で2位の『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』に大差をつけてトップになったという。DVD洋画部門でもトップである。
アニメーションの活躍も目立つ。同じDVDの洋画部門邦画は1位が『風立ちぬ』、キッズ/ファミリー部門は『怪盗グルーのミニオン危機一発』だった。国内外のアニメーションの人気ぶりが窺える。

アニメ楽曲で躍進したのは、『妖怪ウォッチ』だ。アニメ主題歌部門のトップが本作の主題歌「ゲラゲラポーのうた」のキングクリームソーダである。
そして『Free!』の主題歌「Dried Up Youthful Fame」が2位だった。この曲を担当したOLDCODEXも躍進組である。アニソン・シンガー/声優部門でも、1位の水樹奈々「SUPERNAL LIBERTY」に及ばなかったが、「A Silent, within The Roar」が2位につける活躍ぶりだ。
またドラマCD部門は女性に人気が高い「DIABOLIK LOVERS ドS吸血CD VERSUS II」シリーズが1位である。女性からの高い人気が牽引したとみられる。

タワーレコードでは、「2014 ベストセラーズ特設サイト」を12月1日にオープンし、詳しいランキング情報を提供している。また、店頭ではランキングをまとめた小冊子を配布している。
さらに12月1日から2015年1月12日まで、「2014 ベストセラーズ」とタイトルした特集を店頭で展開する。主要タイトルの輸入盤をスペシャルプライスで提供する。

タワーレコードの年間チャート2014 ベストセラーズ特設サイト
http://tower.jp/bestsellers
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集