「オール・ユー・ニード・イズ・キル」Blu-rayで首位発進 日本原作、主演トム・クルーズの話題作 | アニメ!アニメ!

「オール・ユー・ニード・イズ・キル」Blu-rayで首位発進 日本原作、主演トム・クルーズの話題作

ニュース

国内では2014年7月4日に全国公開され大ヒットを記録したSF映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』のBlu-ray&DVDが11月12日にワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメントより発売された。これが劇場での人気を受け、映像ソフトでも大ヒットになっている。
オリコンがまとめる週間Blu-rayランキング映画部門の11月10日から11月16日の集計で、『オール・ユー・ニード・イズ・キル』が首位となった。また、同時にスタートしたレンタルサービスも好調で、TSUTAYAが調べる週間レンタル ブルーレイ&DVDランキングでも首位となっている。『オール・ユー・ニード・イズ・キル』への関心の高さをみせつけた。

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』は、日本の作家・桜坂洋さんのSF小説『All You Need Is Kill』を原作にしたことで話題を呼んだ作品だ。謎の侵略者であるギタイから人類を守るため主人公のケイジが何度も何度も死んでは、死ぬ直前の日に戻りタイムリープを繰り返す。
そんな奇妙な設定をダグ・ライマン監督は、ハリウッドスタイルの見事な映像に仕上げた。また主人公・ケイジ役を人気俳優のトム・クルーズが演じたことも大きな話題を呼んだ。2014年最も印象に残った映画のひとつだ。
また日本公開にあたっては、トム・クルーズとダグ・ライマン監督が東京と大阪、福岡の3都市に訪れてイベントに参加した。日本のファン重視も印象づけた。こうしたプロモーションもファンの心に残ったに違いない。

今回発売されたのは、Blu-ray&DVD2枚組のセットの初回限定生産(3,790円+税)、3D & 2Dブルーレイセット(5,790円+税)である。いずれもデジタルコピーも付いており、日常の様々なシーンで作品を楽しめる。
またこの初回限定生産には、本編のほか75分と15分の映像特典が収められている。このなかにはギタイの誕生秘話や、制作に4ヶ月以上かかった機動スーツの裏側、さらにダグ・ライマン監督への密着メイキング映像など、作品をより詳しく知る内容が盛り込まれている。映像ソフトならでは、魅力だ。



『オール・ユー・ニード・イズ・キル』
【初回限定生産】ブルーレイ&DVDセット(2枚組/デジタルコピー付) 
3,790円+税
【初回限定生産】3D & 2D ブルーレイセット(2枚組/デジタルコピー付)
5,790円+税
発売・販売元:ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
(c) 2014 VILLAGE ROADSHOW FILMS(BVI)LIMITED
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集