「寄生獣」ムービーコミック配信 アニメ・実写とも異なるキャストを起用 | アニメ!アニメ!

「寄生獣」ムービーコミック配信 アニメ・実写とも異なるキャストを起用

ニュース

(C)岩明均/講談社/BeeTV
  • (C)岩明均/講談社/BeeTV
  • (C)岩明均/講談社/BeeTV
  • (C)岩明均/講談社/BeeTV
  • (C)岩明均/講談社/BeeTV
  • (C)岩明均/講談社/BeeTV
アニメ化、実写化で話題のマンガ『寄生獣』が、もうひとつ別の映像となる。動画配信サービス「dビデオ powered by BeeTV」は11月20日から、マンガにモーションをつけた
ムービーコミックで『寄生獣』を独占配信する。
本作は現在テレビアニメ『寄生獣 セイの格率』を放送中、11月29日からは染谷将太主演の実写映画の全国公開もスタートする。それだけに大きな話題を集めそうだ。

ムービーコミックは原作のマンガをコマごとに分解・再構成し、セリフとサウンドを加えた。新感覚のコンテンツを目指している。ページをめくらずに見れる気軽さや、臨場感あふれるサウンドなど、原作にはない体感を売りにしている。
注目ポイントは、ミギーの声をアニメ版の平野綾さんでも、映画版の阿部サダヲさんでもなく、新人声優の太田陽湖さんが担当している点だ。「ミギーの声のイメージに近い」と起用された太田さんがどのような声色を披露するか。第3のミギーとも言えるその熱演に期待したい。

本作の主題歌にはアニメ版のエンディングテーマ「IT’S THE RIGHT TIME」を起用した。そのほか、躍動感のあるパラサイトの捕食シーンやアクションなど、ムービーコミックならではの見どころが満載の作品に仕上がった。

『寄生獣』は1989年に「モーニングオープン増刊」にて連載開始後、「月刊アフタヌーン」で1995年まで連載された。現在もその人気は衰えず、単行本の累計発行部数が1300万部を突破している大ヒット作だ。
右手だけが寄生生物に支配された主人公・泉新一と、パラサイトであるミギーのコンビを主人公に、人を喰らうパラサイトとの壮絶な死闘を描いている。
[高橋克則]

『寄生獣』ムービーコミック版
http://video.dmkt-sp.jp/ti/10009052
全20話予定
毎週月曜日更新

[キャスト] 
泉新一: 酒井広大
ミギー: 太田陽湖
村野里美: 奈波果林

『寄生獣』
(C)岩明均/講談社/BeeTV
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集