「曇天に笑う」舞台化決定 3兄弟キャストに百瀬朔、玉城裕規、佐野岳 | アニメ!アニメ!

「曇天に笑う」舞台化決定 3兄弟キャストに百瀬朔、玉城裕規、佐野岳

唐々煙の人気マンガ『曇天に笑う』が舞台化されることが明らかになった。2015年2月21日から3月11日まで、東京。品川区の天王洲 銀河劇場にて公演する。

ニュース
唐々煙さんの人気マンガ『曇天に笑う』が舞台化されることが明らかになった。2015年2月21日から3月11日まで、東京・品川の天王洲 銀河劇場にて公演する。また、ライブのキャラクターたちを演じることになるキャスト陣も早くも発表となった。
本作の中心となる曇家の3兄弟は、長男・天火役を玉城裕規さん、二男・空丸役を佐野岳さん、三男・宙太郎役を百瀬朔さんが演じる。人気の若手の役者が並んだ。

『曇天に笑う』は2011年から2013年まで「月刊コミックアヴァルス」(マックガーデン)に連載され好評を博した。テレビアニメ化もされ、2014年10月からは日本テレビ他で放送中である。テレビアニメ化のタイミングで舞台化も決まり、さらに作品人気が盛りあがりそうだ。
『曇天に笑う』はそれぞれが個性的な曇3兄弟を中心に物語が展開する。神話の世界と現実が絡み合う世界観は、ファンタジックでダイナミック、そして繊細さが持ち味となっている。
出演は2.5次元舞台やその他、様々なジャンルで活躍している玉城裕規さんや『仮面ライダー鎧武』でも活躍した佐野岳さん、百瀬朔さんらだ。さらに細貝圭さん、小澤亮太さん、平間壮一さん、山本涼介さん、荒牧慶彦さん、河野まさとさん、福井博章さん、藤木孝さんらと豪華な出演者が並んだ。若手から実力派まで、多士済々だ。演出は気鋭の葉月チョビ(劇団鹿殺し)が担当する。

物語の舞台は明治十一年。急速な欧米化に伴い、政府に不満を持つ人々が増え、監獄は囚人で埋まり、脱獄もあとを絶たなかった時代だ。
そこで政府は、滋賀県琵琶湖に重犯罪者専用の檻、日本最大、脱出不可能な湖の監獄、獄門処を設けるが……。その監獄への橋渡し人を請け負う曇家の三兄弟が織り成す大冒険活劇だ。一般前売り発売は11月29日開始予定だ。

舞台『曇天に笑う』
http://www.dontenniwarau.com/theater
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集