「信長協奏曲」に前田敦子も出演 小栗旬と共演 | アニメ!アニメ!

「信長協奏曲」に前田敦子も出演 小栗旬と共演

『信長協奏曲』は人気マンガを連続ドラマ・映画として映像化するプロジェクトだ。小栗旬を主演に、柴咲コウ、山田孝之、向井理ら豪華俳優陣を迎える。ここに前田敦子も加わることなった。

ニュース
「信長協奏曲」第3話に出演する前田敦子
  • 「信長協奏曲」第3話に出演する前田敦子
  • 「信長協奏曲」第3話に出演する前田敦子
  • 「信長協奏曲」第3話に出演する前田敦子
  • 「信長協奏曲」第3話に出演する前田敦子
小栗旬を主演に、柴咲コウ、山田孝之、向井理ら豪華俳優陣を迎え、人気コミックを連続ドラマ・映画として映像化する、フジテレビの開局55周年記念プロジェクト「信長協奏曲」。今月13日(月)より放送され、初回平均視聴率は15.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)という好スタートを切った本作から、このほど第3話に「AKB48」を卒業後、女優として活躍する前田敦子が出演することが明らかになった。

本作は、勉強が苦手で歴史についても無知という、どこにでもいそうな高校生・サブロー(小栗旬)が、突然、戦国時代(1549年)にタイムスリップしてしまい、そこで出会った自分の顔とそっくりな本物の織田信長(小栗旬)に、「病弱な自分に代わって、織田信長として生きてほしい」と頼まれ、天下統一を目指すというもの。

第3話の物語は、4万5千もの今川軍が攻めてきたと知ったサブロー(小栗旬)が、城から逃げ出してしまうものの、逃げ込んだ村は今川領だった…という物語が展開される。

今回前田さんが演じるのは、小栗さんが逃げ込む今川領・田楽村の村娘・お春。月9ドラマに出演するのは、2008年に放送された「太陽と海の教室」以来、実に6年ぶり。今回が自身2度目の月9ドラマ出演となり、主演の小栗とは初共演となる。

出演のオファーを受けた前田さんは「『信長協奏曲』も、『太陽と海の教室』と同じ村瀬プロデューサーなんです。その繋がりで呼んでくださって、お会いしたときに『成長したね』とおっしゃってくださいました。なんだか“お父さん目線”で温かく見ていてくださったようで、うれしかったです(笑)。豪華な出演者のみなさんに、まぜていただけたのも光栄ですね」と喜びを語る。

また、「すごく現実を受け止めている娘だと思います」と自身が演じるキャラクターについて語る前田さん。「夢も何もない…これが当たり前みたいな? 将来、未来を考える必要もない…ある意味、あきらめて生きているような気がします」と分析する。

初共演となる小栗さんについては、「小栗さんとご一緒するのは初めてです。ご本人は意識されてないかもしれませんが、主役という位置を分かっているというか、全うされている…、自然にみんなを引っ張っていらっしゃると思いました。そんな“居かた”がカッコいいですね」と語るも、「高校生のサブローということで、最近の小栗さんの役では見られないような、ピュアであどけない感じを表現されていらっしゃいます。ドラマをご覧になられた方は、普通に“カワイイ”と、言っちゃうんじゃないかなって(笑)。白いパーカーも似合っていてステキです」と印象について話した。

到着したビジュアルからも分かる通り、逃げてきたサブローと危うくぶつかりそうになり、落馬してしまったサブローを家で看病する姿はもちろん、前田さんのキュートな“村娘”姿はファン必見のシーンとなりそうだ。

ドラマ「信長協奏曲」は毎週月曜21時~フジテレビにて放送中。

前田敦子、6年ぶり“月9”! 「信長協奏曲」小栗旬は「ピュアでカワイイ…」

《text:cinemacafe.net》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集