テレビ放送から47年、モノクロ版「パーマン」初ソフト化でPV制作 | アニメ!アニメ!

テレビ放送から47年、モノクロ版「パーマン」初ソフト化でPV制作

1967年から1968年までテレビ放送されたアニメ『パーマン』が、初めて映像ソフト化される。DVD-BOX上下巻となって、2014年11月5日にキングレコードより発売される。

ニュース
1967年4月から翌1968年4月まで一年あまりテレビ放送されたアニメ『パーマン』が、放送開始以来、初めて映像ソフト化されることになった。DVD-BOX上下巻となって、2014年11月5日にキングレコードより発売される。
本作は国内で本格的なテレビアニメが放送始まった1963年の数年後に、早くも登場した日本のテレビアニメ史上最初期の作品である。アニメ制作は、東京ムービー(現トムス・エンタテインメント)とスタジオ・ゼロが担当した。トムス・エンタテインメントにとっては、自社作品のなかで3番目に古い作品ともなる。

非常に古い作品であること、モノクロ作品であることもあり、これまで映像ソフト化に望まれなかった。しかし、2014年は原作者・藤子・F・不二雄さんの生誕80周年、トムス・エンタテインメントのアニメーション制作50周年ということもあり、DVD-BOX発売が実現した。
作品は白黒(モノクロ)版でもありテレビでの本格的な再放送もなくなっている。作品の面白さは勿論だが、現在世界で大きな盛り上がりを見せている日本アニメの原点を確認するうえでも貴重なものになりそうだ。



DVD-BOXは上下巻各12000円(税別)、上巻は第1話から54話まで、下巻は第55巻から108話までと映像特典を収録する。一部、未収録話数や映像のみのものなどもあるが、歴史の古さを感じさせるものだ。また、特典としてブックレット「パーマンひみつ手帳」には、出演声優の須羽みつ夫(パーマン1号)役の三輪勝恵さん、制作スタッフの大隅正秋さん、鈴木伸一さんのインタビューを収録する。
また発売に先立って、本商品のプロモーション映像が制作され、ウェブ上で公開された。ここではモノ黒クロで描かれた初期のテレビアニメの映像が確認出来る。

モノクロ版TVアニメ『パーマン』 DVD BOX 上巻下巻(期間限定生産)
2014年11月5日発売
各12,000円+税  発売・販売 キングレコード
/http://www.kingrecords.co.jp/cs/g/gKIBA-92127/

『パーマン』
(1967年4月2日-1968年4月14日)放送
原作: 藤子・F・不二雄
毎週日曜日19:30-20:00/東京放送(TBS)系 モノクロ作品
東京ムービー(現トムス・エンタテインメント)、スタジオ・ゼロ制作

■ メイン・スタッフ
作画監督: 楠部大吉郎、芝山努、鈴木伸一 他
脚本: 小林準、たむらたつお、浪江志摩、三春こうじ 他
演出: 大隈正秋、鈴木伸一、長浜忠夫 他
音楽: 筒井広志
■ 声の出演
須羽みつ夫(パーマン1号): 三輪勝恵
ブービー(パーマン2号): 大竹宏
パー子(パーマン3号): 栗葉子
パーやん(パーマン4号): 加茂嘉久
パー坊(パーマン5号): 白石冬美
パパ:勝田久/ママ: 近藤高子
ガン子: 菅谷政子
カバ夫: 肝付兼太
サブ: 野村道子
みち子: 江美京子
スーパーマン: 島田彰   他

『パーマン』 原作:藤子・F・不二雄 (C)藤子プロ (C)スタジオゼロ・TMS

《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集