ROBOTの作家とミュージシャンが語る“アニメーションと音楽” 恵比寿文化祭で開催 | アニメ!アニメ!

ROBOTの作家とミュージシャンが語る“アニメーションと音楽” 恵比寿文化祭で開催

ニュース

10月11日から13日まで東京渋谷区の恵比寿ガーデンプレイスで開催されるカルチャーイベント恵比寿文化祭に、映像制作会社ROBOTの作品やクリエイターが登場する。期間中関連作品の上映やトークイベントなどを実施する。
恵比寿文化祭は、地域密着型のイベントとして、2011年よりサッポロ不動産開発の主催で開催されている。期間中11万人が訪れる人気のイベントだ。ROBOTは地元に拠点を構えることから、イベントに様々な協力をしている。ほかではない豪華なラインナップが用意されており、見逃せない。

アニメーションファンならまず注目したいのは、10月13日の13時から特設シアターで行われる『カリーノ・コニ』の一挙上映だろう。『カリーノ・コニ』は、イタリアの小さなカリーノ村のカリーノ森に住む動物の子供たちが登場するアニメーションだ。白組が得意とする誰も楽しめる作品だ。
シリーズはテレビ東京で放送中だが、今回は全26話をまとめて鑑賞するチャンスとなる。特設シタアターのテントの周りでは、コニと音楽を担当したキャラクターのコニと本作の音楽を担当したニコスさんがアコーディオンの演奏もする。家族で楽しめるだろう。

また、10月12日には、「アニメーションと音楽」と題したトークライブが15時から16時半まで行われる。第一部は『つみきのいえ』の加藤久仁生さん、『ゴールデンタイム』の稲葉卓也さん、『NO RAIN NO RAINBOW』の坂井治さんとROBOTを代表する作家が登壇する。音楽家の烏田晴奈さんとトークを繰り広げる。
そして第2部では烏田晴奈さんがライブパフォーマンスをする予定だ。さらに17時から海外アーティストによるシークレットライブも予定する。一日、アニメーションと音楽で満喫出来るに違いない。
このほか映画「百瀬、こっちを向いて。」DVD発売記念トークライブやトーク・インタビュー「ROBOTの中で映画をつくること」といった実写映画に関連する企画も10月11日予定されている。3連休の恵比寿界隈を盛り上げることになりそうだ。

恵比寿文化祭2014 公式サイト
/http://gardenplace.jp/special/1410festival/

ROBOT企業サイト内 特設ページ「太陽と星空のシアター@恵比寿文化祭」
/http://www.robot.co.jp/special/ebisufes2014/
『カリーノ・コニ』
/http://www.carinoconi.com/

『カリーノ・コニ』
(C)psp・ROBOT/カリーノ・コニ製作委員会
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集