マルコメの泣けるアニメCMに第2弾 スタジオコロリド×ロボット共同制作の“単身赴任篇” | アニメ!アニメ!

マルコメの泣けるアニメCMに第2弾 スタジオコロリド×ロボット共同制作の“単身赴任篇”

胸にぐっとくるストーリーで大きな話題を呼んだマルコメのコマーシャルに第2弾が登場する。単身赴任篇と名付けられた新作は、2014年10月4日より全国放映を開始する。

ニュース
マルコメの泣けるアニメCMに第2弾 スタジオコロリド×ロボット共同制作の“単身赴任篇”
  • マルコメの泣けるアニメCMに第2弾 スタジオコロリド×ロボット共同制作の“単身赴任篇”
  • マルコメの泣けるアニメCMに第2弾 スタジオコロリド×ロボット共同制作の“単身赴任篇”
  • マルコメの泣けるアニメCMに第2弾 スタジオコロリド×ロボット共同制作の“単身赴任篇”
暖かな絵柄、胸にぐっとくるストーリーで大きな話題を呼んだマルコメのコマーシャルに第2弾が登場する。単身赴任篇と名付けられた新作は、2014年10月4日より全国放映を開始する。
CMは30秒バージョンと90秒バージョンがあり、短いながらも思わず涙してしまう豊かなストーリー、冴えのある演出、確かな映像クオリティで一篇のショートアニメーションに仕上がっている。コトリンゴが作曲した柔らかな歌声の音楽も心に響く。CMではあるが、商品を離れてひとつの作品として完成している。



そうした完成度の高さには理由がある。今回のCMを手がけたのは、アニメーション界でも良質な作品で定評のある制作スタッフだからだ。映像制作のロボットとアニメーション制作のスタジオコロリドが手を組み実現した。
ロボットは数々の映画、そしてアヌシー国際アニメーションフェィテイバルのグランプリ、米国アカデミー賞短編アニメーション賞の『つみきのいえ』などでよく知られている。一方、スタジオコロリドは、なかむらたかし『寫眞館』、石田祐康『陽なたのアオシグレ』などの代表作がある。前回のマルコメのアニメCM第1弾「料亭の味 たっぷりお徳」も両社の作品だ。今回も大きな注目をされた前回に負けない仕上がりだ。

今回、登場するのは単身赴任の父と離れ、母と暮らす小学生の娘2人だ。ある日、娘たちは2人きりで父の元を訪ねる。再開した父は2人の荷物の多さに驚くが、実はそれは大量の食材だった。
2人はこの日のための母親から父の好物の作り方を習ってきて、父のために2人だけでごちそうを用意を始める。危なっかしい様子を心配する父親、果たして料理は無事仕上がるのか?その物語の行方はCMで確認したい。

マルコメは「日本のみならず世界に味噌を広げていきたい」という思いを掲げ、2014年4月からアニメのCMを通じて世の中に発信している。第1弾の「料亭の味 たっぷりお徳 母と息子篇」は、2014年3月28日の公開から約半年で再生回数11万6000回を超える人気となった。今回も大きな話題を呼びそうだ。
マルコメ「料亭の味」新 TV-CM
/http://www.marukome.co.jp/marukome_omiso/gallery/
「料亭の味 即席生みそ汁 単身赴任篇」(30 秒・90 秒)
放映開始日: 2014 年10月4日(土)より
放送地域: 全国

[スタッフ]
クリエイティブディレクター: 矢口隆(ロボット)
企画: 平田研也(ロボット)
プロデューサー: 山内雅登・森田亮(ロボット)
ディレクター: 平田研也(ロボット)
アニメプロデューサー: 谷内正樹・大嶋美穂(ロボット)
アニメディレクター: 松浦直紀
アニメーション制作: スタジオコロリド
音響効果: 徳永義明(ONPa)
音楽プロデューサー: 美登浩二
作曲: コトリンゴ
ポストプロダクション: イマジカ

[キャスト]
娘(姉):鎗水遥
娘(妹): 太田梨香子
父: 中田顕史郎
母: 武山佳世
《animeanime》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集