“CEDEC 2014”参加者6564名 過去最大規模で閉幕、11月に札幌で地方開催決定 | アニメ!アニメ!

“CEDEC 2014”参加者6564名 過去最大規模で閉幕、11月に札幌で地方開催決定

ニュース

9月2日から4日にかけて、日本最大のゲーム開発者向けカンファレンスCEDEC 2014が横浜市・パシフィコ横浜にて開催された。本イベントは、受講者、セッション数などいずれも過去最大規模となり、大盛況のうちに閉幕した。

参加者数は、前年開催されたCEDEC 2013の約5000人を上回る過去最高の6564名となった。昨年からの大幅の増加となり、コンピュータ・エンターテインメント開発者および関連技術者にCEDECの認知が進んだことが窺える。
一方、セッション数は、CEDEC 2011の210セッションを上回るこちらも過去最多の236セッションであった。さらに展示ブースは57、スポンサー数は70社となり、いずれも過去最大規模での開催となった。
本イベントの講演資料は、インターネット上のデジタルライブラリー「CEDiL」にて、無料の会員登録を行うことで閲覧できる。

さらにCEDEC運営委員会は、2014年11月21日・22日の2日間、北海道札幌市・TKP 札幌カンファレンスセンターにて、初の地方開催を実施することを発表した。イベント名はSAPPORO CEDEC 2014である。
本イベントは、過去のCODECに対する「遠方からの参加が難しい」「限られた人数しか参加できない」などの要望に応えて実現した。参加対象者は、北海道に在住するコンピュータ・エンターテインメント開発に関わる技術者およびクリエイターである。
プログラムは、CEDECで実績を持つ講演者によるセッションや、ツール・ミドルウェアの展示とソリューションの講演など、技術セッションを中心にした構成で 、全15セッションの実施を予定している。
受講申し込みは、10月20日(月)より開始予定だ。受講料は、2日間2000円(税込み)。詳細は、9月19日公開の公式ホームページにて確認できる。

CEDEC Digital Library(CEDiL)
/http://cedil.cesa.or.jp

『SAPPORO CEDEC 2014』
会期: 2014年11月21日(金)・22日(土)
会場: TKP 札幌カンファレンスセンター (北海道札幌市中央区北三条西3-1-6 札幌小暮ビル6F)
内容: エンターテイメント技術のセッションを 15セッションと、ソリューションの展示を行う。
対象: コンピュータエンターテインメント開発技術者・クリエイター
参加費用: 2日間 2,000円(税込)
参加方法: SAPPRO CEDEC 2014 ホームページ上の受付専用サイトから10月20日より事前に参加登録
/http://smileboom.com/sapporocedec/ (9月19日公開)
《沖本茂義》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集