「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」 国内初日3日間は高校生以下500円キャンペーン決定    | アニメ!アニメ!

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」 国内初日3日間は高校生以下500円キャンペーン決定   

9月13日よりSF映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』が全国公開となる。その米国でのヒットを受け、日本公開時に初日3日間限定で高校生以下「500円均一キャンペーン」が行われる。

ニュース
2014年9月13日より『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』が全国公開になる。本作はマーベルコミックス原作のSF作品を、スペクタクル満載のビッグムービーとした。
全米では8月1日に公開されたが、強力スタートを切り、関係者を喜ばせている。公開3週目で興行収入は、すでに2億2554万ドル(約230億円)に達する好成績を記録している。lこれは『アメイジング・スパイダーマン2』の興収を突破するもので、今後もその数字を伸ばしていく見込みだ。日本公開にも大きな期待がかかる。

ヒットの要因は作品の評価の高さが挙げられる。全米映画批評家サイト・Rotten Tomatoesでは、作品満足度93%を獲得(8月4日現在)。これは2014年公開作品の中でも『トランスフォーマー/ロストエイジ』や『GODZILLA』を大きく引き離す数字である。
また、これまでのマーベル作品と比較して女性層の支持を受けていることも大きな特徴だ。主人公のピーター・クイルを演じたクリス・プラットは『ゼロ・ダーク・サーティ』や『her/世界でひとつの彼女』に出演し、2015年公開の話題作『ジュラシック・ワールド(原題)』の主演に決定するなど、ハリウッドで最も注目されている俳優の一人。プレイボーイで楽観的だがキメときはキメるピーターのキャラクターと相まって、多くの女性ファンを虜にした。

日本では米国でのヒットを受けて、サプライズなキャンペーンが決まった。初日3日間限定で「500円均一キャンペーン」を緊急実施する。
これは高校生以下ならばワンコイン500円で映画が観られるという企画だ。ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンでも初の企画となる。新しい世代に向けた試みで、より多くのファンに作品の魅力を知って欲しいというものだ。
[高橋克則]

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』
9月13日(土) 2D・3Dロードショー
/http://marvel-japan.jp/GOG/
配給: ウォルト・ディズニー・スタジオ
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集