「寫眞館」と「陽なたのアオシグレ」 福岡インディペンデント映画祭で上映&トーク | アニメ!アニメ!

「寫眞館」と「陽なたのアオシグレ」 福岡インディペンデント映画祭で上映&トーク

スタジオコロリドが制作した短編アニメ『寫眞館』と『陽なたのアオシグレ』が福岡に上陸する。福岡インディペンデント映画祭2014にて上映・トークショー・原画展を開催、8月16日からは劇場上映もする。

ニュース
新進気鋭のスタジオコロリドが制作したオリジナル短編アニメ映画『寫眞館』と『陽なたのアオシグレ』が、福岡に上陸する。昨年11月のシネ・リーブル池袋、テアトル梅田、横浜ブリリアショートショートシアターから、京都、名古屋、神戸、岡山、山形、徳島と全国を巡回してきた話題の2作品だ。
まず8月7日から福岡アジア美術館を会場とする福岡インディペンデント映画祭(FIDFF)2014にて上映・トークショー・原画展を開催する。上映とトークショーはFIDFF会期中の8月10日12時からとなる。

上映後のトークショーには『陽なたのアオシグレ』の石田祐康監督が登壇する。石田監督は2010アジアデジタルアート大賞で『フミコの告白』が受賞した際にも福岡アジア美術館を訪れるなどで縁がある。
またMCを真狩祐志さんが務める。真狩さんは東京国際アニメフェア2010のシンポジウム「個人発アニメーションの15年史」でも石田監督を招いており、学生時代から交流がある。

原画展については、8月7日から12日の会期中の展示になる。なお『陽なたのアオシグレ』の劇中挿入歌にはスピッツの「不思議」を使用しているが、スピッツのボーカル・草野マサムネさんが福岡出身という側面でも興味深いイベントになりそうだ。
一方、8月16日からは福岡中洲大洋映画劇場での上映も決定している。こちらは1週間の予定になっているが、石田監督のトークも聞きたい場合はFIDFFへの来場がお薦めだ。

『寫眞館』と『陽なたのアオシグレ』は海外での展開も進んでいる。現在、台湾の光點華山電影館において上映中である。
今後はモントリオールで開催のファンタジア国際映画祭においても、『寫眞館』(7月21日)、『陽なたのアオシグレ』(7月27日)が正式招待作品として上映になる。

福岡インディペンデント映画祭
/http://www.fidff.com/

『陽なたのアオシグレ』
/http://www.fidff.com/2014-i01.html
『寫眞館』
/http://www.fidff.com/2014-i02.html

『寫眞館』『陽なたのアオシグレ』上映&トーク
日時: 8月10日(日) 12:00~13:40
トーク登壇:石田祐康監督(MC:真狩祐志)
会場: 福岡アジア美術館 あじびホール

原画展: 8月7日(木)~12日(火)
会場: 福岡アジア美術館 交流ギャラリー
《animeanime》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集