「宇宙兄弟#0」本編映像初公開 伝説の宇宙飛行士ブライアンも登場 | アニメ!アニメ!

「宇宙兄弟#0」本編映像初公開 伝説の宇宙飛行士ブライアンも登場

『宇宙兄弟#0』が8月9日に全国公開になる。その本編映像がこのほど公開された。「モーニング」(講談社)で連載されている人気マンガ『宇宙兄弟』の劇場アニメ版だ。

ニュース
『宇宙兄弟#0』が8月9日に全国公開になる。その本編映像がこのほど公開された。「モーニング」(講談社)で連載されている人気マンガ『宇宙兄弟』の劇場アニメ版だ。
本作はすでにテレビアニメが好評放送中、さらに2012年には実写映画が公開されるなど映像化されている。映像でも人気の高い作品だ。
しかし、今回は『宇宙兄弟#0』とし、原作者の小山宙哉さんが自らどこでも描かれなかったエピソードを脚本にした。宇宙兄弟ファン必見だろう。

今回の映像では、原作やテレビアニメでは故人として描かれてきた伝説の宇宙飛行士のブライアン・ジェイが登場している。彼は、南波兄弟よりも先に、兄のエディ・Jとともに兄弟で月に立つことを夢見たもう一組の“宇宙兄弟”である。日々人の宇宙飛行士としての資質を見抜き、月ミッションに決まった自身のバックアップクルーに彼を指名したベテラン飛行士だ。
宇宙飛行士として日々人に大きな影響を与えたブライアンだが、任務を終えた後の地球着陸時に不慮の事故で命を落としてしまう。その死が六太と日々人にもたらしたものとは一体何だったのか。その謎が劇場版で解き明かされていく。



『宇宙兄弟』は2008年に連載がスタート。単行本の発行部数は関連書籍を含め、累計1400万部を突破している。2012年にはテレビアニメと実写映画が同時期に展開された。
アニメでは初となる劇場版『宇宙兄弟#0』の脚本は、原作者の小山宙哉さんが自ら担当している。二人が宇宙を目指す本当の理由を描いた夢の原点に期待したい。監督はテレビアニメでもお馴染みの渡辺歩さんが担当する。アニメーション制作も引き続きA-1 Picturesが行う。

ブライアン・ジェイが搭乗する月面着陸ロケットCES-43のバックアップクルーに選ばれた日々人は、自分の実力不足のために悩んでいた。さらにCES-43の事故によって、NASAでは宇宙開発の有人ミッションの見直しが検討されてしまう。
一方の兄・六太は、自動車会社のサラリーマンとして、新車種の開発に携わっていた。幼いころの約束を果たし、宇宙飛行士になった弟とは対照的に、現実味のない夢物語ばかり語る六太。無力感に打ちひしがれる彼の脳裏に、幼いころの記憶と、ある言葉が甦る……。
[高橋克則]

『宇宙兄弟#0』
8月9日(土)全国ロードショー
/http://www.uchukyodai-movie.com/
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集