「集英社文庫 ナツイチ」、今年は映画「るろうに剣心」主演の佐藤健を起用 | アニメ!アニメ!

「集英社文庫 ナツイチ」、今年は映画「るろうに剣心」主演の佐藤健を起用

ニュース

「週刊少年ジャンプ」(集英社)の人気マンガ『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』を原作とする実写映画第2弾が全2部作で今夏公開される。まず8月1日に『るろうに剣心 京都大火編』、そして9月13日に『るろうに剣心 伝説の最期編』が全国ロードショーとなる。
このたび、本作で主人公・緋村剣心を演じる佐藤健さんが「集英社文庫 夏の一冊 ナツイチ キャンペーン」の第16代目イメージキャラクターに起用された。6月25日より全国の参加書店にてプレゼント企画がスタートする。

「ナツイチ」は1991年に開始し、毎年好評を集めている集英社文庫の夏のフェアである。今年は名作や話題作の中から83点がラインナップされており、1冊購入すると限定特製ブックカバーをその場で一つもらうことができる。
「ナツイチ」のポスタービジュアルには剛力彩芽さんやAKB48など、旬の俳優やタレントが毎年起用されてきた。第16代目イメージキャラクターには剣心の姿をした佐藤健さんが登場。「ナツイチ」で映画とマンガのコラボレーションを行うのは初めての機会である。映画公開に先駆けて全国の書店を賑わせていくだろう。

『るろうに剣心』は1994年から1999年にかけて連載され、単行本全28巻の累計発行部数が5800万部を超えるヒット作だ。2012年に公開された実写映画版は興行収入30.1億円を記録する大成功を収めている。
その続編には、剣心の最狂の敵となる宿敵・志々雄真実役の藤原竜也さんをはじめ、四乃森蒼紫役の伊勢谷友介さん、瀬田宗次郎役の神木隆之介さんら豪華新キャストを迎えた。ストーリーは原作ファンの間で人気の高い「京都編」をベースに、日本制圧を目論む志々雄との戦いを激しいアクションと緻密なドラマで描いていく。
[高橋克則]

『るろうに剣心 京都大火編』8月1日(金)
『るろうに剣心 伝説の最期編』9月13日(土)
丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか2部作連続全国ロードショー
/http://www.rurouni-kenshin.jp
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集